「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:イベント( 39 )
クリスマス2016
今年もわりと穏やかにクリスマスを迎えることができました。
クリスマスはどうしても、毎年家族でしていたパーティー、母のブッシュドノエル、ツリーの飾り付けにサンタさんと、心踊る思い出が遺伝子に組み込まれているため、体が勝手にとりあえずホームパーティーやろかってな感じになってしまうのです。

しかしツリーなど特に飾り付けなどもなく、百均で買った松ぼっくりを応急処置的に壁につける。しょぼい。
f0239107_11562666.jpg
久々にお花も買ってみた。

f0239107_11564630.jpg
クリスマスディナーは今年もふるさと納税パーティー。
というわけでメインは熊本の川南町だったかな、そこでもらったサーロインステーキ。
すんごいボリュームあって、すぐお腹いっぱいになってしまった。

テーブルコーディネートはあっさむにお任せして、前菜は鯛のカルパッチョ、スープはパプリカのポタージュ、デザートは恒例の簡単アップルパイ作りました。
満腹満腹。

f0239107_11570538.jpg
f0239107_11571420.jpg
f0239107_11572127.jpg
f0239107_11573069.jpg
f0239107_11573823.jpg

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-12-28 11:59 | イベント | Trackback | Comments(0)
CIRCLE ’16@海の中道海浜公園
福岡まで遠征しました。車でひたすら高速ぶっとばして3時間ちょい。
なにしろ見たい人がいっぱいいたので。
ラインナップはこちら

前日くらいまで扁桃炎でダウンしていてたのですが、シュールな耳鼻咽喉科に行って薬をもらったら急に凄まじい回復を見せ、なんとかギリギリ間に合いました。

朝5時に出発!8時すぎ到着!
福岡市の港から海の中道海浜公園まで15分ほど船で渡るのだけど、それがなんとも旅情感があってよかった。

会場は広くて人も多くなくてすり鉢状で見やすいし、芝生も空も青くて気持ちがよい。
は〜来てよかった。。

さて始まりました。

トップバッターceroは遠くから腹ごしらえをしながら聴く。
いいと言わないといけないような威圧感を感じるcero、と思っていたのだけど、後で思えば、なかなか最初にふさわしく盛り上げようと熱を込めてやってくれていたように思う。うん、よかったかも。

次はsuchmos
結構前にめっちゃかっこいい!!って思って注目し、でも去年オトダマでライブを見たら、うーーん、下手かも・・ってがっかりして、
この度成長を見る気持ちで拝見。
ボーカル、確実にうまくなってた。そして相変わらずかっこいい。
演奏陣、がんばろう!まだ若いしね。
使い捨てられないように実力をつけるのだ!

お次はスペアザ
うーん、すごく楽しみにしていたのだけど、ちょっと気乗りしていないように思えた。
uncle johnというみんな大好きな名曲があるのだけど、ややダレたその演奏に、やりすぎて飽きてるんかな・・と見ながら思ってしまった。
最後少しだけ盛り返して終わった。
ワンマンとの差を感じた。いい時はすっごくいいのだけど。

休憩してからのクラムボン
これ、本当に私がクラムボンのファンだからではなく、素晴らしいライブでした。
なんというパフォーマンス力!
フェスに甘んじない本気のライブ。
いつも聴いてるあの曲も、全然飽きているようには見えず、常に研磨されているようなキラキラ感。
そこは戦場だった。

休む間もなくトクマルシューゴ
こちらも誠実なライブ。
トクマルシューゴの職人っぽさが好き。さかなくんと似ている。見た目も雰囲気も。

そしてUA
疲れすぎてシートに座って見た。
めっちゃ歌うまーーーー
なんかすごくかっこよかった。
UA、これからもずっと歌い続けるんだろうなという、歌とUAが一体化してくっついてしまっているような、
そんな感じがしました。

好きなアーティストがここまで多いフェスもありがたいけど考えものだなというくらい、詰めて聴いたので、
疲れてグッドライクヘイワ見に行けず。聴きたかったんだけど。

最後にジム・オルークを聞きながらゆるっと夕暮れの風を感じ、一足お先においとま。

また船でぶーんと福岡市内へ。

車中泊しようって言ってたのだけど、私の体調もあれだしってことで結局ホテル泊。
徒歩で繁華街へ行きラーメンを食べる。
帰ってばたんきゅー




[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-05-18 09:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
clamber LIVE 20th Anniversary「tour triology」@オリックス劇場
clammbonライブ!

ライブのために大阪に帰るというフットワークの軽さを見せた私。
だってだって、去年はギリシャに行っていて行けなかったし・・・!

というわけで、clamber LIVE 20th Anniversary「tour triology」@オリックス劇場
普段見るよりも大きな会場だったので、どうなるんだろうと思っていたけど、結果すんごくよかった・・

最近人生設計について模索することもあるけど、いずれにしても力強く生きていこう!って思えました。

つかの間の大阪滞在ではライブ以外ほとんど何もできなかったけど、
仕事にいって、串カツ食べて(力技の)、ビリヤードして、
タイ料理食べて(居心地良かったレモングラスハウス)、
大好きなシティモをうろうろして、みたいなかんじでした。

楽しかった!

さてまた延岡生活ゆるっと、しかし力強く過ごそう〜
延岡でもちょっと楽しいことはじまりそうです〜



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-30 09:59 | イベント | Trackback | Comments(0)
舞台「麦ふみクーツェ」
1ヶ月以上前のことですが、「麦ふみクーツェ」の舞台を観に行きました。

いしいしんじ原作、トクマルシューゴ音楽監修ということで。

結論からいうと、トクマルシューゴの音楽は素晴らしく、観客が音を鳴らす(何か音の出るものを持参する)という試みもよかったし、舞台セットも夢があってよかった。
あと主役の渡辺豪太も合っててよかった!

結果楽しかったけど、ただ一つ、脚本に不満ありでした・・・

「麦ふみクーツェ」といえば、なかなかに暗い話。
結構長い小説で読んでいる間もわりとずーーっと暗い。
そして最後の最後に、もうその暗さをぎゅっと丸めてカーンとバットで空高く思いっきり打ち飛ばすような感動が来るのが、この小説の最大の特徴。
今でもそのラストを思い出すとぐっと胸が詰まるほどですが、

うーん・・・それは全然うまく表現できていなかったと思う・・。

なにしろ中途半端に楽しい演劇にしようとしているのが伝わってきて、
話の暗さと、そのポップさにアンバランスさを感じずにはいられなかったな。

原作知らなくて見た人はどう思っただろう・・

まあでも行きたかった舞台なので、行けてよかったです。
トクマルシューゴのライブ行きたいなあ〜!!

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-05 18:05 | イベント | Trackback | Comments(0)
SPITZ 「THE GREAT JAMBOREE 2014 "FESTIVARENA"」
またもやスピッツのライブに。
「THE GREAT JAMBOREE 2014 "FESTIVARENA"」@大阪城ホール

3月に行ったライブは新しいアルバム「小さな生き物」のレコ発ツアーだったのだけど、今回は、

「選曲も、限りなく自由に各年代からセレクトして、「驚き」や「待ってました感」や「懐かしさ」、「興奮」や「切なさ」や「陶酔」、そのほかにも説明できないほど多様な感覚を呼び起こさせるような、そんなスピッツにしか表現できないステージをお届けします。」(HPより)

ってなわけで、それ行きたい!!!と思い友人数名で最後の抽選に応募したら一人が当ててくれた!やるじゃん!!

ライブはまさにこの説明通り。
総曲数25曲。
「説明できないほど多様な感覚を呼び起こさせるような」ってところが、分かってるねってかんじする。
ほんとにそんなかんじでした。
中盤、親友もとい、双子の弟のKの言葉を借りれば"名曲の嵐"で、
この曲ライブで聴けるなんて・・ということにぐっとくること多数。
「プール」とか「愛のことば」とか「夏の魔物」とかね。

12~14歳くらいの私が、私の横に立って一緒に聴いている感覚になりました。
隣のKの横にも幼いKが見えた。
それから貸し合っていたカセットテープのKの子どもっぽい字なんかも。
そんな私たちの幼い心が、なんだかキラキラ成仏して天高く上っていくようでした。

そしてそれでもまだ新しい発見をくれるスピッツのすごさよ。
あーよかった、感動しました。


なんだかなーandymoriにもこんな風になってほしかったのになーとつい思いを馳せてしまうのは、明日andymoriの野外ライブを盗み聞きしに行く予定だからです。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2014-07-20 12:18 | イベント | Trackback | Comments(0)
SPECIAL OTHERS LIVE@大阪城野外音楽堂
中国から帰ってきてすぐの6月29日(日)、
SPECIAL OTHERSのライブに行ってきました。

前日は近所の「寿し長 栄」でお鮨。これくらいのお鮨やさんが一番しっくりくるなーという適度な価格のおいしいお鮨屋さんでした。大将もにこやかだし。おいしかった!

そしてライブ。
なんかもう旅行が楽しすぎたので、ライブかー・・まあちょっと行くか近所だし、みたいなモチベーションだったのですが(すいません)、
まあ分かってたことですけど、行ったら楽しかった!

やっぱり生音はいいねー。7年ぶりの野外音楽堂も懐かしかった・・!
舞台にはバリカンズによるサボテンやランプなどのおしゃれでかわいい装飾が。

それにしてもスペアザのリズム感・・・4人が楽しみながら競っているようなリズム。
途中リズムの掛け合いのレベルが高すぎて乗り方わからない・・!っていうくらいでした。
なんなんでしょうねーセンスってやつか、これが。
やっぱりかっこいいよね、スペアザ。

帰り道最近できたスペインバルで一杯だけサングリアひっかけて帰りました。

あと今ライブに行ってみたいのはレキシとキュウソネコカミ。
キュウソは年齢的にきつそうだけど・・ちょっと前からハマってるので一回見てみたい。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2014-07-02 14:22 | イベント | Trackback | Comments(0)
スピッツLIVE
スピッツのライブに行ってきました。なんと初。

私の中で、同時代に生きていることを嬉しく思い、できれば一度は生で見てみたい、という人が数人いて、まあ例えば森山大道とか、いしいしんじとかは叶っているわけですが、
そのうちの一人、草野正宗。
ついに見ることができました。

誰よりもその才能を愛しているアーティストなのに最近めっきり音楽を追いかけられていなかったので、最近の曲とか結構やっつけの予習で行ってしまったわけですが、
感動しました。。
行ってよかった・・

その世界に触れられたことも感動しましたが、なにより私が思っているよりずっとずっとスピッツは強く立派に活動し続けているということが分かってそのことに感動。

最新アルバムの「小さな生き物」の歌詞を改めて見ると、なんていうかもうすごすぎで、がつんと頭をなぐられた感覚。
震災を乗り越えてアーティストとしてどうこの先やっていくべきかということをしっかり考えた上での、あいかわらずの直球ではない二重構造の冴えた世界観。
胸が熱くなりました。


的外ればかりまた謝って
ゆがんでいることに甘えながら
君の指先の 冷たさを想う

いつも気にしていたいんだ 永遠なんてないから
少しでも楽しくなって
遠く知らない街から 手紙が届くような
ときめきを作れたらなあ

ゴリゴリ力でつぶされそうで 身体を水に作り変えていく
魚の君を泳がせ 湖へ湖へ
優しい光が僕らに射して 巧妙な罠を抜け出したんだ
夢オチじゃないお話 100度目の答なら 正解 正解

(「さらさら」より)


なんなの!!なんてロックなの!!

そう、私もちゃんとその水にのって、魚たちと共に泳ぎながら生きて行きたいと、
いつか直接話せることがあったら言いたいです。





[PR]
by shizuka-irutokoro | 2014-03-29 16:07 | イベント | Trackback | Comments(2)
トクマルシューゴ LIVE with あきのぱん
2012年12月12日(水)
12が並んでるー

本日はトクマルシューゴのLIVEでした。

と、その前に、今日は21世紀キャラめくりのあきのぱんちゃんとお昼待ち合わせてノストラでランチ。
夜ほどのおいしさは感じず。スピードランチだから?

ケーキを買って我が家へ。

チャイとガトーショコラ。
このケーキはおいしかった。

まったりおしゃべりしながらトクマルシューゴを聴きつつ、
二人で絵を描いて遊んだ。
ちなみにあきのぱんちゃんは当然ながら私と比べ物にならないくらい絵がうまい。
私はあいかわらずゆるい絵を。

おしゃべりの中で共通点がいくつか見つかる。
・錠剤を飲むのが得意で、粉薬が苦手
・大きい音が苦手
・食後の温かいお茶を飲むのが好き
・乗り物(特に車)での移動が苦手
など。
おもしろい。

絵を描いた後は押し花シールも作って遊んだ。
それからベーコンときのこのクリームスパを食べて、GO!

初の梅田CLUB QUATTRO。
さすが最近できただけあって、段とか考えられてるし、ドリンク置くとこもあるしで、いいかんじ。
そして良い場所をキープできた。

いよいよライブ。
それがもう本当に素晴らしかった。
今年ナンバーワンかなー。
あの音が、打ち込みじゃなくバンドサウンドで聴けるなんて感動。
この間のnabowaのドラムがピアノとピアニカも同時に演奏していたことに驚いたけど、そんなどころの話ではなかった。
一人で笛やらトランペットやらアコーディオンやら木琴やら鉄琴やらを巧みに演奏している。
トクマルシューゴのギターもうますぎ。

どの曲も本当によくて、
でもやっぱり最後のRum HeeとアンコールのParachuteは聴けて嬉しかったなー
Parachuteなんて着信にしているくらいだし。

ちなみに気になっていた客層は一人の人多し。
始まるまでの待ち時間読書している三つ編み女子が私のまわりだけで3人いた。
あと外国人もちらほら。

本当によかったので、次またライブがあったらぜひ行きたい。

総括して本当に楽しい一日でした。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-12-12 23:19 | イベント | Trackback | Comments(2)
11月23-25 3連休!ボジョレー・京都・nabowa
23日(金)
この日はまず起きて、お昼をどこか近所で食べようと家を出たとたん雨に降られ、急いで IOR?Iへ滑り込む。
ビーフストロガノフ定食。おいしかった。

いろいろ行こうと思ってたけど、雨なので家に舞い戻った。

そこからビデオ見たり、ちょっとお仕事したり。

ばんごはんは人生初からあげ、レタスねぎソース和え。
かぶの葉のお味噌汁、塩麹豆腐バター焼き。
そして今年のボジョレーをいただきました。いつもの安ワインと全然味が違うぜ!

翌日の京都会議で夜更かしして就寝。


24日(土)
せっかくなんでおでかけしてみることに。
京都へGO!

今回は西陣を攻めてみます。

まずは鞍馬口で降りててくてく歩いてさらさ西陣へ。

さすが築80年の銭湯を改装しただけあって、さすがな佇まい。
青いタイルがかわいい!!
銭湯改装カフェの「SAGANO-YU」「さらさら西陣」と制覇した今、次は「cafe茨木湯」に行きたい。
なにしろタイルに目がないもので。

内装は完璧なさらさ西陣、でも方向性は結構若々しいかんじで、ちょっと落ち着かなかった。
しかし一見の価値あり。

出張ガケ書房が出てて、つい川上未映子の「ぜんぶの後にのこるもの」を買ってしまった。

それから本日の目的地、大徳寺へ。
こちらを見ていただければ分かるように、小寺院の集合ですごーく広い。

そして小寺院ごとにお金がいるので、全部入っていたら破産してしまう!ってことで、ぐるっと全ての入口を見て、高桐院に入ることに。

吟味した甲斐もあり、高桐院は素晴らしかった!
縁側からお庭が見れるというのが、なんとも風流。。
紅葉もきれいでした。

でも紅葉の写真は後でいらなくなるということを数年かけて学んだので写真はあまり撮らず。
満足して大徳寺を後に。

それからとことこ歩いて、逃現郷というカフェへ。イカした名前です。

ここはかなりツボ。
落ち着いていて、コーヒーもおいしく、安らげました。

さてその後、フォイルギャラリーに寄って、南下し、
あーぼーの暴走に振り回され一悶着あるも、かわいいピクニックバスケットを買ったりしながら、友人宅へ到着。
安息の地…

この遠くて寒い京都において、最終友人に家に落ち着ける幸せさ…
おいしい鶏つくね鍋をほくほくとつまみ、ころりとこたつに横になり、テレビなど見る。
せめてものお礼に今日拾った落ち葉を少しわけてあげた。

とはいっても京都は遠いので10時半頃おいとま。
なんとか日が変わる前に帰宅。
楽しかったー

f0239107_22523718.jpg

買ったバスケット


25日(日)

そして連休最終日。

前日遊びすぎたせいで廃人と化して昼まで寝る。
遠くに大阪マラソンのランナーが見えた。

えのきとベーコンのペペロンチーノを作って食べたらまた眠くなって寝てしまう。
夕方のそのそと用意をして、うどんを食べて自転車で梅田へGO!

シャングリラにてnabowaのワンマンライブ。
いももちとあーぼーと私の3人で。
nabowaは本当に大好きなバンド。
ナナツモリでの展示中もずっとnabowaをかけていたし、結婚式の生い立ちビデオも私の生い立ちのところはnabowa。

そんなnabowaのライブ、やっぱりめっちゃ良かったです。
それに全員かっこいいし。
mcをしない潔さも良い。
しかも今日はいい場所がとれたせいで、ちびっこの私でもばっちりステージが見えたのです。
シャングリラって段が多くていいですね。

いやーよかったよかったと満足して、ライブ後スカイビルのツリーを一応見に行ってみる。
屋台でソーセージを食べるか?という話にもなったのだけど、いやもうちょっとちゃんとしたもの食べようってことで、シャングリラの上のマンボカフェで。

ライブ後のお客さんがいっぱいいるかと思いきやなぜか皆無。
でもごはんはおいしいし、甲本ヒロト似の店員さんはこわもてかと思いきやすっごくいい人。
そうこうしてたらまさかのnabowaの打ち上げがそこで始まったわけですが、シャイな私たちは声をかけることもできず、そっと気配を感じつつ、おいとましました。

帰りの自転車は激寒。
でも楽しかった。


こんな平和な日々はそうそう長くは続かないよね、と思わず思ってしまうような、
平和な連休でした。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-11-26 23:10 | イベント | Trackback | Comments(0)
11月21、22日  andymori Live
21日(水)
朝起きて、洗濯して梅田へ。
大学時代の友人とランチ@カンテ。
冬服が嫌いということについて不毛にも熱く語ってしまった。
楽しかった。

それからヨドバシをのぞいてから伊勢丹で別の友人と合流。
伊勢丹の婦人服売り場、あまりじっくり見たことがなかったけど、素敵なものがいっぱいで興奮。
友人はかわいすぎる天然石のネックレス購入。羨ましいぜ!

それからandymoriのライブへ。くるりとの対バン。
印象に残ったのは、ファンファンのトランペットがとても良いということと、小山田壮平の声と歌い方が変わっていたということ。

まあ他にもいろいろ思うところはあったけど、終わってからベトナム料理屋で友人と話し合ったら同じことを考えていたようだった。

それにしても空芯菜のサラダがすごくおいしくて、今もまた食べたいくらい。
フォーと皿めしもおいしかった。


22日(木)
仕事。
クレイドール初体験。難しかった。
元同僚と飲み。
かわはぎのお刺身とわかさぎのからあげとはまぐりの酒蒸し、全部おいしかった。
帰って化粧もコンタクトもとらず寝てしまった。

銀色夏生「僕のとてもわがままな奥さん」を読んだ。
おもしろかった。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-11-23 18:04 | イベント | Trackback | Comments(0)