<   2010年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
2010年旅の走馬灯
今年はある意味慌ただしく、ある意味大変のんびりした一年でした。
会社やめて旅行三昧(笑)
個人的にもいろいろいろいろありましたが、楽しい一年でした。
いろんな人に助けてもらってほんとに大感謝です。

この楽しい一年のつけが来年にまわってきそうで恐怖感じてます。。

が!!荒波にもまれても楽しくがんばろうと思います!
いい年になりますように。。
とりあえず数ヶ月後にまた外国を旅する予定なので動向見守っていてください。
あと、写真展vol.2 ウズベキスタンもしたい!

1週間以上の旅行を振り返ってみるとします。
ほんとに行ってたんだよーん、てことで私が写った写真をば。

f0239107_17232411.jpg
5-6月トルコ(撮影:相棒momi Y)

f0239107_17235547.jpg
9月沖縄 粟国島阿嘉島

f0239107_17245712.jpg
9-10月ウズベキスタン(撮影:相棒momi Y)


・・・そして11-12月タイ・ラオス(撮影:相棒momi Y)
f0239107_1725535.jpg


というわけで皆様来年もよろしくお願いします。

よいお年を!
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-31 17:41 | 日々 | Trackback | Comments(0)
ライフ・アクアティック
DVDで見ました。
最近見まくってますね。

またもやウェス・アンダーソンの作品。なんだかんだで好き。
「ダージリン急行」→「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」ときて「ライフ・アクアティック」。
このノリに慣れてきたからなのかどうなのか、
とりあえず、これかなーり好きでした。

基本的には「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」と同じノリで、自由人やりたい放題の主役と、振り回される周りのドタバタ。

でも今回はさらに設定がなんと海洋アドベンチャー。
かわいすぎる船(見張りはイルカ)にかわいすぎるユニホーム(水色の潜水服の赤いニット帽)にかわいすぎる生物(クレヨンタツノオトシゴにキャンディガニ)の数々!
もうめっちゃツボ。
相変わらず音楽も超かっこいいし。
好きだなあ・・・これ。

誰にでもおすすめできるわけではないけど・・・
上の感想にひかれた人はぜひ!

ああ・・・ほんとにかわいかった・・・

次は「天才マックスの世界」見よう!
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-30 23:26 | 映画 | Trackback | Comments(0)
キック アス
友人に誘われて見に行きました。

テアトル梅田での上映ということもあり、立ち見の人多数!

私はまあだいたいこんなもんだろうなあと想像していたのだけど、友人は期待しまくっていて、始まる前に「人生ベスト10に入るかも」「終わったら俺にお礼言うで」なんて言っていましたが、見終わって「それはない」と寂しそうにこぼしていました。

とはいえ!なかなかおもしろいアメリカンなB級映画でした。
音楽も悪くなかったし。大げさな感じで。

500日のサマーで妹役をしていたクロエ・グレース・モレッツっていう女の子が名演技で、というかその子ありきの、このクオリティでした。
この子いいなー

私一人なら絶対見ない映画なのでよかったです。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-30 12:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)
曲がれスプーン
くだらないやつを見て笑いたい気分だったので、DVDで見てみました。

長澤まさみ主演ということもありあんまり期待してなかったのですが、
予想よりもくだらなくておもしろかったー!!

くだらない話としてはなかなかいい脚本。楽しい。笑えます。
長澤まさみの大根ぷりも周りの役者がカバー。
くだらないくだらないと書いてるけど、最後はほっこりできました。

ただ・・・なぜか最後5分くらいすごい間延びした蛇足がついていて、せっかく大満足だったのにちょっと興ざめ。
でもまあ数分のことなので・・・

気楽に楽しみたい時におすすめです。
ちなみにクリスマスイブの話で奇しくもクリスマスイブに見てしまったー
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-25 11:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)
フィルム現像 その2 T3/FISHEYE
それからコンタックスT3。
これは会社員時代になけなしのお金で買ったコンパクトカメラ。
コンパクトだけど間違いないので、頼れる兄貴ってかんじ。
この間のタイにはこれを連れていきました。

f0239107_16522122.jpg
凍っているさくらんぼ

f0239107_16525825.jpg
サントリーミュージアムに映る夕日

f0239107_16533876.jpg
斬新なデザイン



それから遊びで撮ったロモフィッシュアイ。水中カバーをつけて。
なつかしいなー沖縄。。

f0239107_1655176.jpg
白い砂浜

f0239107_16554762.jpg
泳ぐ友達

f0239107_16561393.jpg

珊瑚



あんまりいろんなカメラに浮気するのってよくないんだろうけど、ついつい気になっていろいろ使ってしまう。デジタルもいいけど、フィルムもいいなあと思って、昨日はずっとフィルムで撮影しました。記録したいものがあったので。
たぶんしばらく現像しないと思う。する頃にはもう遠い記憶。
そのタイムラグもフィルムの魅力かなー
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-24 16:59 | 写真 | Trackback | Comments(4)
フィルム現像 その1 PEN S
PEN Sというハーフカメラで撮った写真。
電池いらずで、露出もピントも全部勘。
私はこのカメラがほんとに好きで、最近は昔ほど頻繁に撮ってはいないけど、時々撮って、現像してます。
現像するたびにやっぱり好きだなあと思う。
特に人をうまく撮れたときは、その空気感が柔らかくてすごくいいのですが、勝手に載せるわけにいかないので断念します。

f0239107_1614381.jpg
たぶん枚方

f0239107_1622555.jpg
近所のバス停

f0239107_1624071.jpg
すずめが一匹

f0239107_1624352.jpg
大阪港

f0239107_1625689.jpg
カートに乗る姉弟

f0239107_16254195.jpg
都会の裏の住宅

f0239107_16261556.jpg
夕暮れ時、駅のベンチ
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-24 16:29 | 写真 | Trackback | Comments(0)
ノルウェイの森
見ました、「ノルウェイの森」。

原作を初めて読んだのは今よりずっと若い時で、そりゃあもうピンとこなかった。
えー!?なんか、それとこれって別問題じゃないの・・・?みたいな。
数年後もう一度読んだ時は、前よりはちょっとわかるようになってたけど、でもまあ好きな小説だとは思わなかった。
こういう人結構いるんじゃないのかなー
今読んだらどうなんだろー

それはそうと、今回の映画化ははじめ全然興味なかったのだけど、意外とおもしろいんじゃないかと思って見てみたら、予想通りなかなかおもしろかったです。

小説をぎゅーっと左右から押しつぶしたようなかんじ。
要点となる断片断片をうまく短くつなげられてたと思う。
原作読んでない人でもそれなりにちゃんと得るものはありそう。

そして緑の存在!
あーこういうことだったんだーと小説では把握しきれてなかったところがしっくりきました。
人の強さと弱さって何なんだろう。その境目って何なんだろう。
なんて、最近忘れていたことをふいに思い出したりしました。

たぶん、いずれにしてももうだめかもと思ったら、最終的には逃げるが勝ちだというのが私の主義。
でもどっちに逃げるかが強さと弱さの境目なのかなー


ちなみに村上春樹の小説では「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」が一番好きだけど、それよりも「そうだ、村上さんに聞いてみよう」シリーズが一番好きです。またやってくれないかなー
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-24 15:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)
二日連続で泣く
BSで二日連続映画を見て泣きました。

1日目「手紙」。
玉山鉄二と山田孝之のやつ。
私は前から玉山鉄二ってすごく演技うまいと思ってるのだけど、やっぱりめっちゃうまいと思いました。
若かりし沢尻エリカかわいすぎた。。。特に眼鏡かけてもっさりしてる風の時。
悪くないラストでした。
やっぱり玉鉄演技うまいし・・・(笑)

2日目「旅するジーンズと16歳の夏」。
2005年 アメリカ映画。
これ、聞いたことすらなかったのですが、完全に隠れた名作でした。
女子に見てほしい2代名作にします。(もう一つは「インハーシューズ」)
テーマは一見ベタだけど、16歳という微妙な年頃の心理の描き方がうますぎるし、完成度が高い!
見てよかったー!
ほんと、これおすすめです。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-21 23:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)
冬の休日
f0239107_16171020.jpg
                         クリスマスツリーみたい  


空気は冷たいけれど、雲ひとつない快晴の、
冬の休日。

難しいことも、ややこしいことも、めんどくさいことも、
なーんにも考えず、
ただただ楽しい仲間と楽しく写真を撮る休日。

きゃっきゃ騒いでいるうちにすぐ日は暮れました。

寒すぎてスクワットしたせいで今日は太ももが痛いです。
でもスクワットはすごく体が温まるので寒い時はお勧めです。


f0239107_16173121.jpg

冷たそうな水

f0239107_16181363.jpg

このまま寝ている

f0239107_16195331.jpg

眩しい

f0239107_16205458.jpg

かわいい

f0239107_16213184.jpg



f0239107_16215980.jpg

一番好き

f0239107_18585487.jpg

一番かわいい

f0239107_1629304.jpg

ぷっくりお腹

f0239107_16222813.jpg

ケーブルカー

f0239107_16231290.jpg

月がでている

f0239107_16235174.jpg

天上寺からの夕日

f0239107_1624461.jpg

寒いけどきれい

f0239107_16253812.jpg

摩耶山の夜景を見る




ところで、ロープーウェイから夜景を見ている時、流れていた放送で「1000万ドルの夜景とも・・・」というよく聞く説明を耳にし、ふと、ていうか夜景をドルで例えるってどういうこと・・・?と疑問に思いました。
それくらいの価値ってこと?きれさをお金で例えているってこと・・・?美しさってプライスレスじゃないの・・・?世の中結局お金ってこと・・・?
などと疑問が頭の中をぐるぐると。


それで今調べてみました。すると答えがありました。ネットってすごいね。
引用の引用なんですが、
「神戸の100万ドルの夜景は、1953年(昭和28年)に当時の電力会社の副社長が命名したと言われている。
六甲山から見渡す神戸・芦屋・尼崎・大阪の電灯にかかる1ヶ月の電気代が約4億2900万円、当時のレート1ドル360円で換算すると約120万ドルとなり、キリのいいところで100万ドルというわけ。ちなみに、現在の神戸の夜景は「1000万ドルの夜景」とも呼ばれているとの事。」だそうです。

なるほど、そういう意味かー。

でも、1ヶ月ってところに疑問を感じる・・・1晩であるべきでは・・・
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-20 16:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)
マルシェ・ド・ノエル
告知していた、寺前未来 presents  Marches de Noelが無事終わりました!
楽しかったー!

たくさんの人が来てくださって、雑貨や、私の作品などを買ってくださって、すごく嬉しかったです。
雑貨や本などが、買ってくださった皆様の元で、役立ったり、楽しませられたりできますように・・・
そしてまたどこかでお会いできますように!!


MUD RECORDSさんも未来ちゃんもよかったー

やっぱり「ペーパードライバー」が大好きでした。
名曲だー

f0239107_18342336.jpg

相方のお店MOMIで買いました☆
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-12-16 18:37 | イベント | Trackback | Comments(0)