<   2011年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
海いきたいなー
去年まで7年連続で沖縄に行っていたのですが、
今年は行けなさそうです。。。
無念・・・

海行きたいなー

f0239107_16202040.jpg
      トルコのビーチ
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-30 16:22 | 写真 | Trackback | Comments(0)
バングラデシュ
歓楽街の横を通ってバイト先に向かう日々。

朝はたまーに仕事終わりのホストにちょっかいかけられかけたりもする。


今日は帰りに信号待ちで日本語ペラペラの外国人に声をかけられ、
相手にはしたくなかったのだけど、どうしてもしばらくしゃべりながら歩くはめに。

声をかけてくる内容があまりに普通で(「暑いですね。」とか)無視できなかったのです。


それで、まあ最低限の会話をしつつ歩いてたのですが、
彼の出身地はバングラデシュだそうで。


バングラデシュかー

ちょっと行ってみたいかもしれない。
貧しそうだけれど、ダッカじゃなくて地方とかおもしろそう。
イスラム教ってのも魅力的。


まあ行くかどうかは別として、いつもこういうかんじで行く国決めたりします。


ちなみその彼は別れ際に、貿易会社の社長だと行って名刺を渡して去って行きました。
後で調べたら、一応ほんとにある会社でした。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-27 00:18 | 日々 | Trackback | Comments(0)
森山大道写真展「オン・ザ・ロード」
国立国際美術館でやっている、
森山大道写真展「オン・ザ・ロード」に行ってきました。

こんなにたくさんの森山大道の写真を見たのはもちろん初めて。
うーん、見応えありました。
1回だと見落とす写真もいっぱいあるので、部屋によっては2回、ないしは3回まわりました。
予想に反して、新作の「東京」、好きでした。
オールカラー。デジタルも混ぜ混ぜの。



何事にも階層があるとするならば、数年前、森山大道という写真家を知ったその時、
私は写真の階層を一つ降りたのだと思う。

昔から、きれいなもの、絵や写真などが好きで、
その延長で、きれいな写真が撮れたらいいなと思っていた。
一眼レフなら撮れるんだろうかと、イチガンって何か分かんないけど、とりあえず、大学の入学祝いに買ってもらった。
雑誌に載ってるようなきれいな花の写真や景色の写真が撮れたらいいなと思っていた。
数字にも機械にも弱い私は、一眼レフをちっとも使いこなせなかった。
せめて大学の写真サークルにでも入ればいいのに、それも入らなかった。

そんな数年の後、森山大道の写真に出会ったのだった。
私はそこで、今までと違うところに連れて行かれることになる。
ほんの少し、下の階へ。

そこは今までの写真の世界とは少し違っていて、
気づくと私はもう雑誌に載っているきれいな花の写真が撮りたいのではなくなっていた。


それはたまたまで、森山大道じゃなくてもよかったのかもしれない。
あるいはブレッソンでも、アラーキーでも。

とにかく私は一つ階層を降りて、写真にハマることとなる。

そして、だけども矛盾なのだけど、
どうしたらいいか分からなくて、
仕事中もずっとモノクロフィルムを入れたカメラを持ち歩いて、スナップを撮っていた時期があって、

「表現」である写真を知ったにもかかわらず、
でも同じようなことをしてみたかったわけで、

まああれはあれで撮ってよかったと思う。
結局のところ何一つ同じではないのだし。
撮った写真はまぎれもなく私の写真なわけだし。



今でも私の撮る写真はスナップだけど、
でももうメインはモノクロではないし、あんまり都会も撮らない。


それでもやっぱり森山大道の写真は、いつ見ても、
あの時階段を降りた感覚を思い出させてくれる。
下は永遠に続いていて、私はまだまだ浅いところにいるし、
深いところは音が聞こえにくくて、下がり方もあんまり分からないし、
でも深ければいいってわけじゃないことも、知っているけど。


そんなようなことを今一度ぼんやり思い出しながら、
時間をかけて見ました。
幸いすいていましたので、興味のある方は早いうちにどうぞ。


f0239107_0303476.jpg
    森山大道氏。去年別の展示会でフェンス越しに撮らせてもらった写真。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-24 00:31 | 展示会 | Trackback | Comments(2)
あれこれと
f0239107_2332990.jpg
けして忙しいわけではないんですが、
ついつい他のことで気が散ると、しないといけないことを後回しにしてしまいます。

腰の軽さと人生の成功は比例だということは前々から分かっているのに、
なかなか実践できず。

来週こそあれとあれをしよう。


そんな中久々の友達と連絡がとれるということが続いていて不思議。

それはあのやたら服がだめになる事件と関係しているのだろうか。
いやしてないか。

なんだかわからないけど、みんな元気でなによりです。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-22 23:10 | 日々 | Trackback | Comments(0)
今日の出来事
今日はほんとにびっくりしました。
人に言わずにはいれないので聞いてください。

先週からちょっとしたバイトをしてるのですが、
お昼休み、コンビニの前で携帯なんか見つつぼーっと立ってると、いきなり、

プシャーっと水しぶき的なものが背後から私の後頭部及び肩らへんにすごい勢いで。。


びっくりして振り返るとサラリーマンのおじさんが口に含んでいたビックルを、
むせたか、くしゃみかで私にぶっかけたのでした。

私、ビックルまみれ。
髪からしたたるほどに。


えーーーーーーー
と低い声で叫びながら放心する私。

ごっめーんと照れ笑いらしき笑みを浮かべながら近づいてくるおじさん。
見てみぬふりをする周りのサラリーマン。

気が動転して「ええっ・・・」とつぶやき続ける私に、おじさんは「ハンカチ買ってくるー」とコンビニの中に入り、
私もしょうがないので後をついていき、

そんな中白いTシャツと上に着ていたワンピースの肩はうす茶色のシミだらけ。
そして臭い。


仲のいい友達にはアンタッチャブルざきやまとまで言われる刹那的な愛想の良さを日頃は振りまく私ですが、
さすがに今日ばかりはこわばる顔。。


おじさんはハンカチ2枚と「これクリーニング代・・・」と千円渡してきて、
私が腑に落ちない顔をしていると、もう千円渡して「ごめんねー」と店をでていきました。


コンビニの入り口前で立ちすくんでいると、
ちょうど同じ職場の女の子がコンビニに来たところで、事情を説明するとかわいそう!!と言って背中をふいてくれて、
でも同じコンビニ前の、少し離れた灰皿前にはたばこを吸うさっきのおじさんがおり、
照れ隠しなんだろうけど、まわりの知らないサラリーマンに「いやーまさか吹いちゃうとは思わなかったよ〜」とかヘラヘラしていて、

むう・・・なんだか・・・なんだかどうなのよ!!!
とは思いつつも、でもこれ以上どうすることもできず、
たばこを吸い終わって去っていくおじさんの後ろ姿を眺めているうちにだんだん正気に戻り、

ていうか口にふくんでたものかけて二千円って安くないかーー!!!
と時間差で腹が立ってきた次第です。


それにしても昨日の夜母がうっかり漂白剤を私の服にこぼし、ズボンを二本だめにされたにもかかわらず、私は笑顔で「いいよいいよ」と言ったのに、
そんな私に対してなぜ今日こんな仕打ちを神様!!!


私が明日もしいいとものテレフォンショッキングに出演するんだったら絶対これを「100人中1人」の質問にするんですが。


ついてないなあ。。。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-21 23:30 | 日々 | Trackback | Comments(2)
ドーナツ・・・
先日和歌山に行った時に前を走っていた車。

巨大なドーナツをつんでいるように見えたのですが、どうですか。

まあその時私がちょうどドーナツ食べてたっていうのもあるんですが。

しかもナンバーまでドーナツ風・・・

f0239107_2334399.jpg

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-19 23:04 | 写真 | Trackback | Comments(0)
7月18日(月)陶芸体験
f0239107_012626.jpg
本日は陶芸の一日体験をしてまいりました。

仲良しの友達と、そのお姉ちゃんと3人で。

場所は生駒の山奥の鬼工房というところ。

木々いっぱいの森の工房です。

陶芸は初めてではないので、今回は白い土でやりたいと希望を伝えて白い土でさせてもらいました。

できあがりが楽しみです。

いろいろと作りたい器のイメージがあるので、いつかちゃんと習いたいです。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-19 00:05 | 日々 | Trackback | Comments(0)
和歌山おでかけ
なぜか2週続けて和歌山へおでかけ。
たまたまなのですが。

和歌山行きの道はものすごく混んでいて、最初の予定の廃線見学は中止。

f0239107_23372571.jpgランチをしにずっと行きたかったカフェ「rub luck cafe」へ。

有田の海沿いにあり、倉庫を改装したカフェ。
二階の窓から海が見えます。

椅子も自由に好きなところに持っていっていいらしいです。

営業は日没まで。
ここから見える夕日きれいだろうなー

お昼にカレーをいただきました。


f0239107_23395952.jpgf0239107_23401699.jpg




そこから本日の目的である和歌山県立美術館へ。
「なつやすみの美術館 展」おもしろかったです。


和歌山市内のお店を何軒かまわる。

・ハミングバード
・小野町デパート
と。
どちらも素敵なお店です。

f0239107_234354.jpg
             小野町デパート前にいたねこ


超急な階段のある神社へ。眺めが抜群です。
かなりの角度で転がり落ちないかハラハラ。


f0239107_23443230.jpgf0239107_23445330.jpg



夕日が見えるところを探して漁村を走る。

f0239107_23461448.jpg展望台発見。
海が一望できます。

ここから夕日を眺める。
刻一刻と変わっていくきれいな空。

そして夕日が沈んだ後は、くるっと逆向き、東側を見ると、ちょうど和歌山マリーナシティが見えました。

マリーナシティで花火があがるというのでしばらく待機。
とっぷり日が暮れて、花火が10分ほどあがりました。

おもしろかったです。



f0239107_2349026.jpg

f0239107_23491478.jpg

f0239107_23492798.jpg

f0239107_23494968.jpg

f0239107_2350263.jpg

f0239107_23501671.jpg

f0239107_23502988.jpg


f0239107_23504173.jpg
           和歌山マリーナシティ

f0239107_23512464.jpg

f0239107_23513866.jpg

f0239107_23515457.jpg

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-18 23:53 | 写真 | Trackback | Comments(0)
「みること」「うつすこと」@和歌山県立近代美術館
和歌山県立近代美術館へ
なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」
を見に行ってきました。

おもしろかった!!!

美術館自体も大きくはないけど、品のいい美術館で、初めて行ったのですが、気に入りました。

この企画展の内容はその名前の通り「みること」と「うつすこと」をテーマにした展示。

今この目の前にあるリアルを「みて」「うつす」。
一番オーソドックスでシンプルな方法はやっぱり写真。

でもそれすらもちろん現実をそのまま切り取れるわけではなく、
切り取られる時間も作者の想いも様々で、
写されたものは既に虚構でしかっなかったり・・・

写真の他にも「版画」やその他の技法を用いた「みること」と「うつすこと」にこだわられた作品がいろいろと。

うーん、それはもうアートという枠をこえて、もっとシンプルで、でも答えのない無限の世界に思えました。

意識している作家もしていない作家もいるでしょうが、いずれにしてもこのテーマに挑む作品を創作しているアーティストを尊敬します。


会期は2011年 7月2日(土)~ 8月28日(日)です。



記録のために気になった作品を。
・ホックニー デヴィット 「パンドン・ホール」
・ゴルズワージー アンディ「色にしたがって一列に並べたかえでの葉」
             「注意深くやぶった栗の葉」
・野村仁「午前の/正午の/午後の/アナレンマ」
・飯塚二郎「地下からの視線」



それから違う階でしていた「生誕120年記念 恩地孝四郎・藤森静雄」もおもしろかったです。
二人とも好きなかんじのハイカラなタッチの版画家でした。


ミュージアムショップでひびのこづえのハンカチを衝動買い。
かわいすぎる!!
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-18 01:59 | 展示会 | Trackback | Comments(0)
7月14日の月
月!きれかったー!!

19時頃、まだ外はほんのり明るく、

東向きの部屋の窓からちょうど大きく見えました。

明日が満月かな?


二年に一回くらい活躍する望遠レンズで一枚(笑)


f0239107_22212877.jpg
           電信柱と月
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2011-07-14 23:18 | 写真 | Trackback | Comments(0)