<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
10月24日〜27日
24日(水)
f0239107_1182424.jpg
南向きの部屋の素晴らしさを実感する今日この頃。

お天気のいい日は本当にぽかぽかとあたたかい。
日だまりに足をのばす。

洗濯してそうじして、お買い物。
本日はおでん。

ことこと煮込む。
4時間ほど煮込んだけど、煮込み足りないかんじだった。
でもおいしかった。



25日(木)

仕事。
買い出し。

夜妹と会うことに。
仕事終わりでノストラでごはん。
その後我が家でのんびり。
ソングライターズの録画など見つつ、ノストラで買ったケーキを食べた。
飲み帰りのあーぼーと妹がすれ違いの入れ替わり。

26日(金)
朝からM嬢とモーニング。

本日は中崎町「アカリマチ」。
おしゃれ喫茶店。

ポテトサンドセット、おいしかった。

また朝とは思えぬ勢いでおしゃべりする私たち。
天気もよく、とても楽しかった。

昼からもいろいろと楽しく過ごした。

夜はハンバーグ、にんじんスープ、マカロニサラダバジル味。


27日(土)

今日はゆっくり寝ると決めていた日。

とはいえ10時頃には置き、にんじんスープで腹ごしらえ。
それから雑務をこなし、おにぎりとハンバーグサンドを持って中之島へ。

噴水のところでのんびりごはん。
おいしー!

それから大阪天満宮の駅まで歩く道すがら、中村屋のコロッケをつまみ、電車でコーナンプロへ。
机にする木材を買うため。

しかし欲しい木材がなく、ねじなどの備品だけ買う。

帰りに大好きな閑花へ、シンガポールの写真の売り上げを受取りに行き、マスターと奥様と談笑。
大好きな二人としゃべれて元気が出て、やる気も出た。

帰りにもうめんどくさくなってガネーシュでカレーを食べて帰る。
甘めの野菜カレー、おいしかった。

帰宅後木材をネット注文。
木材をネットで買うって不思議なかんじ。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-28 11:21 | 日々 | Trackback | Comments(2)
朝のひだまりといちじくトースト
f0239107_13302189.jpg


f0239107_13315532.jpg


いちじくトーストは、
パンに薄くマーガリンをぬって、ピザ用チーズ、薄切りしたいちじく、シナモンシュガーをのせて焼き、
焼き上がったらシナモンとハチミツをかけました。

んまいー
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-24 13:34 | 写真 | Trackback | Comments(0)
10月23日(火)
雨。電車で職場へ。

個人の趣味を盛り込みながらの仕事。

ばんごはんはあーぼーが毎日これでいいと言う鶏の香草焼きだったのだけど、昼間の仕事の気持ちをもろに引きずって、やたらきれいに盛りつけてしまった。

M嬢とウォーキング。

「純と愛」の純の部屋が煌煌とついていたので、下まで行ってみた。
今撮影してるのかな、とかなんとか言いながら。

大阪ビジネスパーク駅の方に歩く。15分で着いた。案外近い。
大阪城をぐるっとおおまわりしてちょうど1時間歩いた。5.8キロ。
おしゃべりしながらなので楽しい。

帰宅後山口智子のドラマを見て長風呂して就寝。
冬のお布団がふかふかで気持ちよい。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-24 13:23 | 日々 | Trackback | Comments(0)
kakidashiの話
月曜日の夜はとても楽しかった。

あーぼーがkakidashiという本の書き出しばかり載っているサイトを見つけて、いきなりイントロクイズならぬ書き出しクイズが始まった深夜1時。

元読書家の私。今はすっかり現役を退いているけれども、そこは昔とった杵柄というのでしょうか、思いのほかバンバン答えれる。
それが楽しすぎてネタがつきるまで小一時間続けた。

我ながらすごいなと思ったのは「僕は捨て子だ」というのだけで「卵の緒!」と当てられた時。

掲載されてる本の種類が現代的かつメジャーなものばかりだから成立したようなものだが、私自身が興奮したのは、自分が一度読んだ本の書き出しを聞くと一度読んだってことはほぼ分かる、というところ。

それから、はっきりとは思い出せなくても、こういう文体なら、もしくはこういう内容ならあの人のあれっぽいな、という予想で当てれたところ。
「大学三回生の春までの二年間、実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。」が森見登美彦っぽいなーとか。

あーぼーと私は壁をはさんだ違う部屋にいながら声だけでやり取りしていたのだけど、場内はかなり盛り上がり、あーこれ聴衆があー一人なんてなんかもったいない!もっとオーディエンスがほしい!とまで思った。

それから大好きな本の書き出しが出てきたときのあの興奮。
最初の一言でもうくい気味で「はいはいはい!」と答えた。

「くまに誘われて散歩にでる。」の「くまにさそ…」あたりで「かっ神様!!!」
とか、
「僕がまだ年若く、心に傷を負いやすかったころ、父親がひとつ忠告を与えてくれた。その言葉について僕は、ことあるごとに考えをめぐらせてきた。」の「僕がまだ年若く、心に傷を…」あたりで「はいはいっ!グレートギャッツビー!!」
とかね。


どちらもその書き出しを聞いた瞬間ぶわっと脳の中にその本のイメージが頭の中に広がった。

ちなみにとてもマニアックな話で興味ある人は少ないだろうけど自分のためにメモしておくと、このグレートギャッツビーの素晴らしい書き出し、訳者によって随分違い、kakidashiに載っていたのは村上春樹訳のものだけど、それらをまとめたサイトをみつけた。→これ

私自身は新潮文庫 野崎孝訳で読んだのだけど、全部比べてもこの訳が一番好き。

ぼくがまだ年若く、いまよりもっと傷つきやすい心を持っていた時分に、父がある忠告をしてくれたけど、爾来ぼくは、その忠告を、心の中でくりかえし反芻してきた。
「ひとを批判したいような気持ちが起きた場合にはだな」と、父は言うのである「この世の中の人がみんなおまえと同じように恵まれているわけではないということを、ちょっと思い出してみるのだ」
父はこれ以上多くを語らなかった。しかし、父とぼくとは、多くを語らずして人なみ以上に意を通じ合うのが常だったから、この父のことばにもいろいろ言外の意味がこめられていることがぼくにはわかっていた。


「心の中でくりかえし反芻してきた」ってとこが好きなんだよね。


興奮して寝れないかと思ったけど、疲れ果てて2時頃一瞬で眠りについた。

ちなみに私の好きな書き出しを思い出してみると、頭に浮かぶのはやっぱりこれかな。
ベタですが。


朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、
「あ」
と 幽かすかな叫び声をお挙げになった。
「髪の毛?」
 スウプに何か、イヤなものでも入っていたのかしら、と思った。
「いいえ」
 お母さまは、何事も無かったように、またひらりと一さじ、スウプをお口に流し込み、すましてお顔を横に向け、お勝手の窓の、満開の山桜に視線を送り、そうしてお顔を横に向けたまま、またひらりと一さじ、スウプを小さなお唇のあいだに滑り込ませた。




ご存知の方も多いでしょうが、太宰治の「斜陽」です。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-24 13:02 | | Trackback | Comments(0)
10月22日(月)
高校の頃すごく変わっている男の子と付き合ったことがあって、その子は本当の誕生日は10月22日なのに、「ゾロ目ってなんかおかしい」という理由で子どもの頃からまわりに23日と言っていたせいで、私はまわりから聞くその子の誕生日が22日か23日か定まらなくて混乱した、
ということを毎年思い出す本日。

自転車通勤が気持ちよい朝でした。

社長は今ハワイ。羨ましいことです。
私は写真材料採集に公園をうろうろしたり。

帰りにライフによって買い物。

ばんごはんは麻婆豆腐、買った餃子、セロリと卵のスープ。
麻婆豆腐を今までと作り方を変えてみたらおいしくなった。

ところで、佐野元春のソングライターズという番組を楽しみに見ていて、見れば見るほど佐野元春がかっこいいのだけど、この間、ACIDMANのオオキノブオがゲストのとき、10の定型質問の後でさらっと佐野元春がオオキノブオに言った「正直に答えてくれてどうもありがとう」という言葉にぐっと胸をつかまれた。

その場を、佐野元春の心を、全て表しているようなあの一言。
よかったなあ。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-22 21:26 | 日々 | Trackback | Comments(0)
10月20日(土)21日(日)家ごはんと六甲ミーツアート
20日(土)

お休みの日にしては珍しくかなり寝坊してしまってバタバタ。
でも朝ご飯はしっかりと。

お客様がくるので軽くそうじを、と思ったらハマってしまってどうでもいいところまでそうじしてしまった。
私は怠け者でめんどくさがりだけど、案外きれい好きかも説浮上。

ばんごはんの準備をして夕方お客様をむかえに北浜へ。

ちょうど水都大阪フェスがやっているので、それを見ながら我が家へむかう。
すごい賑わいだった。

天気もよく、こけしもかわいく、薔薇もきれいで、シートや本の貸し出しまであって、なかなかいいかんじでした。

帰りに北欧雑貨のdieciとアート系古本屋modernaに寄る。
moderna、初めて行ったけど店内のおしゃれさに驚いた。
あ、modernaと同じビルのレトロモダン雑貨の夜長堂も行った。
今HP見たら夜長堂、月に4日だけ開いているようで、タイミング良かったみたいだ。

帰宅後、ごはん。

はりきって作りましたよ。

・いちじくと生ハムとクリームチーズとルッコラのサラダ
・帆立と海老とほうれん草のドリア
・スペアリブ
・アサリとトマトのワイン蒸し
・枝豆バター炒め(おつまみ)
・いちじくとチーズのシナモンハチミツがけ(おつまみ)

あまりにお腹すいていたもので、写真も撮らず食べてしまったのですが、
我ながらおいしかったです。

飲んでしゃべって、楽しい夜でした。


21日(日)

さてせっかくお天気もいいので、六甲ミーツ・アートに行ってみることにしました。

8時に家を出るはずが9時半に。
そして阪神御影まではすぐだったのに、そこからバスでケーブル乗り場まで行くのがすごく遠く感じて、二人ともバスに酔い、ケーブル乗り場で青い顔してぐったり。。
今すぐタクシーで天満橋まで帰りたい…とか言いながら、ケーブルで山上へ。
そこへ着いたら着いたでまたバス。
あーもう嫌!!遠いよ六甲!

と全然体力のない二人。
インフォメーションで「とりあえず森っぽいところどこですか」と聞いて、教えてもらった植物園へ。
ポスターの写真も植物園です。

植物園はまあなんと木々も茂り、空気もよく気持ちのよいことでしょうか。
落ちていた気持ちもじりじりと上がっていく。
アートもどれも自然になじんでいていいかんじ。

木陰のベンチでおにぎりを食べる頃には気分もすっかりよくなっていた。

かわいい双子とお兄ちゃんと優しそうな理系であろうお父さんも見れてよかった。

そして最後、アルピコラという売店にあったクワクボリョウタさんという人の作品が本当に素晴らしく、感動した。
今もまた見たいくらい。

六甲のアートは全体的に分かりやすくて楽しく、かわいらしいものが多い印象。


植物園の後はカンツリーハウス。

実は子どもの頃毎年六甲の山荘に来ており、カンツリーハウスも毎年来ていたので、懐かしさがこみあげる。
そして幼少期の記憶あるある、思っていたより狭い!!
記憶ではもっと広大だったんだけど。
小学校の机が今みるとすごく小さいやつと一緒だ。

気候が気持ちよすぎて、シートを広げて肉まんをほおばる。
あーぼーはビールとジンギスカン。
きもちー!さいこー!

トランポリンをしたい気持ちを我慢して、しりあがり寿のアートなどを見物。
それから六甲枝垂れとガーデンテラスをまわって、このへんで切り上げようということで帰路についた。

六甲山ホテルとオルゴールミュージアムはまわれず。

帰りのバス、ケーブル、そしてまたバスもなかなか過酷で、混んでいてしんどかった。

やっとのことで阪急六甲駅にたどりついた時、バスでマフラーを落としたことに気付く。
さをり織のお気に入りのマフラー。世界に一つだけのー!!ショック…!

急いで電話するも、1時間後じゃないと分からないと言われ、暗い気持ちで帰りだす。

帰宅後たまごやきを焼いている時に電話があり、あったとのこと。
よかったー!
三宮までとりにいかないといけないけど、でもあってよかった!!

ばんごはんは家でゆっくり、炊きたてごはんと、鮭の塩焼きと、出し巻き卵、しじみのお味噌汁。
疲れた体に和食の優しさが染みわたる。

食後、六甲で買ったチーズケーキを食べて、深きょんのドラマを見て、おでかけ日記を書いた。

楽しかったけど、なかなか疲れた一日でした。

はー体力ないなあ、まったく。


ちなみに写真はフィルムで撮ったのでまた今度。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-22 21:05 | 日々 | Trackback | Comments(0)
10月19日(金)秋晴れ
今日という日はなんてさわやかな秋の日だったのでしょうか。

いつも会社にいくよりも早起きしてM嬢とモーニングを食べに「寒灯舎」という喫茶店へ。

ここがまあなんとも大人で素敵な空間で、ずらりと並ぶ美しいコーヒーカップ、広いカウンター、落ち着いた店内、そしてでてきたかわいすぎるエメラルドグリーンのカップ(M嬢は赤)、衝撃的においしいカフェオレ、に胸を打ち抜かれた次第です。

最近やっと珈琲をおいしいと思えるようになってきて、味もやや分かってきて、
そんな中出会った今日の珈琲はほんとにおいしくて嬉しかった。

トーストには自家製であろうジャム、それも幸水梨ともう一種類別の梨の二種類という組み合わせ。
すっかりテンションが上がっておしゃべりに興じる私たち。

ちょっと店の雰囲気にしてはしゃべりすぎてしまったかなと反省。
でもまた行きたい。

M嬢の職場まで一緒に歩いて見送って解散。

私は帰る道々、八百屋に寄ったりカメラの修理を受け取ったりして、帰宅。

そして洗濯。気持ちの良い天気。
ベランダから入る光のところに座ってひなたぼっこ。

そうこうしているとお昼で、今度は近所の「星霜」へ。

閉店した大好きなカフェのMさんとランチ。
星霜のトマトクリームカレー、なかなかおいしかった。正直意外。
星霜、雰囲気も大好きなんだけど、珈琲も紅茶も結構個性的な味なので。

Mさんからお店で使っていた私が気に入っていたアンティークのカップを格安で譲っていただく。
いろいろとおしゃべりして解散。楽しかった。

それからライフで買い物。
帰宅後、のんびりくつろぎ、テレビなど見てから再びシティモールへ行き、インディアンギャッベの偵察。
というのもモーニングの帰り、商店街でインディアンギャッベを格安で売っている店があったので比較するため。
商店街の方が安いことは判明したけど、それでもマットサイズで7000円。
マットで7000円ってどうなのかしら、ということで保留。

本屋をひやかして、一冊までは買っていいことにしたのに結局何も買わなかった。

ところでこの「店をひやかす」って言い方、一人の友人に、そういう言い方しないよと言われたのだけど、言うよね…?

帰宅後ごはんの準備。
今日は超簡単だったので余裕があり、あーぼーが帰ってきた時死んだふりをして待ってみたのだけど、おそろしくノリの悪い反応で若干気まずい空気が流れた。

ばんごはんは、白菜と豚肉の重ね蒸しと、生姜鶏ミンチごはん。この組み合わせ、これからも何度となく登場します。冬の定番メニュー。

私はいろいろ遊びたかったのに、散歩の提案すら却下され、おもしろいことの一つすら言わず、私が既に一回見たビデオなんか見ていて、退屈という言葉が私の中を駆け巡った。
しょうがなく、昨日読んだ「バイ貝」を思い出して、鉄のフライパンをツルツルにすべく野菜くずなど炒める。それは少しおもしろかった。

昔修学旅行や友達とのお泊まりから家に帰ってくると、外が楽しすぎたせいで家がひどく退屈で狭く息苦しく感じられ、ぶすっと不機嫌になったものだったが、今の気持ちはそれに似ているのだろうか。

そろそろ長期で海外に行きたいな。


とまあ尻すぼみ感のある今日。

明日もいい天気だといいんだけど。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-19 23:13 | 日々 | Trackback | Comments(2)
10月18日(木)
仕事。
雨で寒くてお昼おでんを買った。

寄り道して帰る。
それにしても寒い。

帰宅後お風呂であったまる。

やっと読みかけの町田康「バイ貝」読了。
おもしろくて何度も笑った。くくく。


あー図書館に行きたいなあ。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-19 15:05 | 日々 | Trackback | Comments(0)
10月17日(水)秋の味
お休み。
夜更かししたのでゆっくり寝た。

ぼんやりしながら「純と愛」を見て、パンと昨日の残りのスープを食べる。

何ヶ月も眠っていたipodを出して充電して部屋でかけてまったり。

ずっとあーぼーのを聞いてたけど、やっぱり自分のは落ち着く。
シャッフルにしても全部知っている曲というのがいい。
心を許せる友人たちばかりの同窓会のよう。

お腹がすいたので、今後おそらく旦那にすら出さないであろう簡易なオムライスを作った。
玉ねぎすら刻まず、バターとケチャップとごはんをレンジでチンしてパセリとチーズをまぜ、たまごでくるんと巻いたもの。
でもおいしかった。

掃除機をかけてシティモールへ。

思いがけず大量に買い物してしまった。

手がちぎれるーと思いながら帰宅。
もうすっかり夕方。
今日も読書できず。読みたい本がひかえているのに。

ばんごはんの準備。
本日は、鮭ときのこの炊き込みごはん。きのこを大量に入れた。
バター風味にしたつもりが特にバターの風味はせず。
でもおいしー!大葉と三つ葉を散らして。
それに茶碗蒸しとキャベツと豚肉のタジン鍋蒸し中華ゴマ油風味。
全部おいしかった。

そして今食後のミルクコーヒーを飲みながらチーズブッセを食べています。
太るー

しばらく雨みたいで残念。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-17 20:53 | 日々 | Trackback | Comments(0)
新米な日々
f0239107_13392996.jpg
14日(日)

稲刈り&精米したてのほやほや新米をいただく。

当日精米したものだったので、お米に手を入れたらあたたかかった。


ご飯メインのおかずにしよう!と出し巻き、菊菜のおひたし、ブリ塩焼き、お味噌汁でばんごはん。

出し巻きの卵も社長にもらった鳥取かどこだかのいい卵ですごくおいしかった。

そしてなによりお米、光ってました。

おいしいーおいしいーと言いながらおかわりして食べた。



そんでもって翌日15日(月)はロールキャベツ。
人生初挑戦。
なかなかおいしくできました。

あまったひき肉を煮込みハンバーグになんてしちゃう余裕も。
ハンバーグに慣れてきた。

あたたかいものがおいしい季節で嬉しい。
f0239107_13494592.jpg


そうそう、仕事の帰りいつもと違う道を通ったらotherという器やさんを発見。
いいかんじ。
一つ気に入ったものがあって、買うか迷い中。


16日(火)
仕事。
IKEAの踏み台を買ってもらって届いたものを組み立てる。
こういうこと普段絶対自分でやらないけど、やったらできると信じて始めた。
けどやっぱり、力の部分で一人では厳しく、Kさんに手伝ってもらう。

力を合わせて、最後このネジをしめたら完成…というところで一抹の寂しさを感じたのは一瞬のことで、天板が一枚逆ってことが発覚。
やり直し。

てなわけでお腹いっぱい満足。
でも出来上がった時の達成感と充実感とKさんとの連帯感、及び生まれた絆がキラキラ。
使い勝手も上々です。


ばんごはんは鶏の香草焼き。
いつもオレガノ、ハーブソルト、ブラックペッパー、乾燥バジル、乾燥パセリなんかで味付けしてたのだけど、今日はシナモンも追加してみたら、これが大正解で、すごーくおいしい。
みなさまお試しあれ。

M嬢とウォーキング。
1時間20分くらい歩いた。

帰宅後録画していたドラマ祭り。

飛行機の管制官のドラマ「TOKYOエアポート」がおもしろかった。
瀬戸朝香の服がおしゃれ。
それから「眠れる森の熟女」「つるかめ助産院」も。この二つも結構楽しく見てる。

うだうだと秋の夜長を楽しんで3時頃あーぼーのお弁当を作って就寝。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2012-10-17 13:49 | 日々 | Trackback | Comments(0)