「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
三十三間堂、食べたものの話など
最近行った場所や食べたものの覚え書き。

行った場所で楽しかった場所といえば三十三間堂。
行ったことがなかったので、一年に一回は行くという友人に付き合ってもらい行った。
ちなみに友人は今年の分はまだ行っていなかったとのことで、セーフ。

三十三間堂、いやーよかった。
約1000体の千手観音(何体か貸し出し中でお留守)も興味深いながら中央の大きな千手観音の素晴らしさよ!!
え、もしや私って結構仏像好きなのか?と思うほどじっくり見入ってしまった。
数々の仏像を見てきた友人も「パーフェクトな顔立ち」という中央の千手観音。

思えば大阪に引っ越して以来すっかり仏像を見る機会も減り、そのことを特に気にも留めず生活してきたけれども、仏像を見たときの懐かしさ、安堵感。それはかけよりたくなるほどで、久々に見て、初めて今自分が仏像から少し遠いということに寂しさを感じたのだった。

そして年々強まる自分の中の仏教的思想。
信仰はしていないけど、はっきりとまた自分がメンタル的にブッディストであると感じた瞬間でもあった。

それにしても気持ちがいいのはお堂に吹く風。
そもそも最初は寺社仏閣に吹く風が好きで、ひんやりとした木造のお堂の中の暗さと涼しさ、それから神社周辺の多い繁る緑の中をさわーっと吹く風、そういうのが好きで、仏像はあればついでに見るという感覚で昔はそういった場所に出向いていたのだった。
バンドを組むならバンド名は「お堂に吹く風」にしようかと思う。

好きなお寺ベスト5には入るなと思った三十三間堂、楽しかったです。
やっぱり寺社仏閣は夏に限る。



話は変わりまして、行ったお店の記録として、
リッツカールトンの中華。「香桃」。
やっぱりホテルのレストランって普通だということを再確認。
高いのにすいません、こんなこと言って。

福島の「楽心」
2014年ミシュラン一つ星だそう。
久々に食べ物スケッチ心をくすぐられる、美しい器とお料理たちでした。
カツオのわらやきがおいしかった。
ワイングラスがバカラできれい。バカラのアンティークグラスほしい!!

それから大阪天満宮の「あずま」
日本酒が豊富な居酒屋さん。
ここで人生で一番おいしい卵かけごはんに出会った。
その他アスパラ、中トロなど全ておいしかった。

「万両」
近所で人気の焼肉屋さん。
ここで次からもうこれしか頼まなくていいというものを見つけた。
塩ロース。
元来焼肉はそれほど興味がなく焼肉よりステーキ派。
ここのロースはまるでステーキハウスのお肉のようだったので、これからはここに来たらこれを一人じっくり食べることにしようと思う。

「家でした日本酒の会」
豪華手巻きと天ぷらで日本酒を飲んだ。
それにしても飲んだお酒をメモしておけばよかったとずっと言いながらも結局ずっとしていない。
好きなのを見つけたところで次出会えるチャンスが少ないからだと思う。
それにワインも日本酒も一生かかっても飲みきれないくらいの種類があるから、これ!とか決めずにいろいろチャレンジしていきたいし。
だいたい好きな味は分かっている。

それにしても手巻き、おいしかった!ウニまで巻いてしまって。
天ぷらもまずまず。いちじくと舞茸がおいしかったです。

実家で手巻き寿司あんまりしなかったという人が多くて意外。
手巻き寿司大好き!





[PR]
by shizuka-irutokoro | 2014-09-23 16:45 | 日々 | Trackback | Comments(2)
「物語る私たち」
「テイクディスワルツ」で才能あるな〜と感心した知的な女性監督である、サラ・ポーリーの最新作。
は、なんとドキュメンタリー。
この監督じゃなかったら正直見てなかったけど、きっとこの人の撮るものは一癖あるに違いないと思い見に行きましたら、やっぱり一癖も二癖もあるドキュメンタリーで、おもしろかった。

自分の亡き母親についていろいろな人に語ってもらう、というベースに加え、過去のムービーを織り交ぜながら、自分の出生の秘密に迫っていく・・話をお父さんの語りで映画にする設定、でサラがメガホンをとる設定・・というのかなんというのか。

まあつまり、ドキュメンタリーを撮る、という映画、という形で仕上がっている。

そこには監督の家族への思いがあり、自分への向き合い方があり、一方で客観的に人の記憶についてクールに見つめ、そしてドキュメンタリー作品への挑戦が伺える。
何重にも重ねられた監督の試行がおもしろい。
そして散りばめられたおかしくも切なく、それでいてポジティブないい言葉がたくさんあった。

おもしろかった。

それはそうと、ずーっと字幕でドキュメンタリーを見るのは目が疲れた〜あれは吹き替えでもいいかもなと思いました。





[PR]
by shizuka-irutokoro | 2014-09-23 00:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)
日帰り和歌山!
お墓参りをかねて日帰りで和歌山へ!

晴天の中、お墓参りを無事済ませて、美浜町の美佐という老舗食堂へ。
おいしいラーメンと、おいしいけど個性的なチャーハンを食べて満腹。

海岸沿いをドライブ。
漁港の商店をのぞき、日の岬へ向かう。
その途中の海岸で降りてみると、青くきらめく太平洋。
ビーチは砂ではなくじゃり石で、流木がいっぱい。
ほんとに浜っていろいろだなーとしみじみ。
f0239107_21352707.jpg
水面がきれい〜

日の岬もとても気持ちいい場所。
高台からまた海が見えました。
後ろではぶんぶん音をたてて風力発電のプロペラがまわってました。

f0239107_21362072.jpg
そこから白崎海洋公園へ。
並ぶ白い奇岩。
f0239107_21385413.jpg
その前の小さな海岸で恒例のビーチコーミング。
ここがなかなかいいコーミング場所でした。
f0239107_21413034.jpg
横断歩道の境目が生クリーム・・・
f0239107_21420863.jpg
そこからまたぶいぶいと海岸をドライブ。
そして今回のプチ目的。
サビキにチャレンジ!

エサを買って目に止まったところで釣りをしてみる。
f0239107_21574071.jpg
竿も1本しかないので取り合いながら。
40分ほどでなんとか3匹の小アジをゲットしたのでささっと帰る。
私はほぼ初めて釣りをしたので(釣り堀などはあったけど)1匹釣れてうれしかった。

でもそれよりも帰ってこれを処理できるのだろうか・・という不安でいっぱいのまま帰路に。
帰りに寄りたかったBOAT CAFEに立ち寄るも臨時休業で残念!
でも夕日が見れたので満足。

レンタカーの時間があるのでぶっとばして帰宅。

帰ってアジと格闘。
お腹を出したりするのはわりと簡単だったけど(というか一度ちゃんと習ったことがあったのだけど)、三枚下しは時間がかかりすぎた・・
格闘の末、できあがったのはなめろうと唐揚げ。
唐揚げすごくおいしかった!

和歌山の漁村、静かでのんびりしててよかったなー
また行きたいです。








[PR]
by shizuka-irutokoro | 2014-09-15 22:01 | ちょっと遠出 | Trackback | Comments(0)