「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
新しいものたち お皿とランプ
f0239107_22521127.jpg
引越しにあたって、新しく購入したり、お餞別でいただいたりして、素敵なものがいくつか増えました。

そのうちの一つ、お餞別にいただいたスリップウェアのお皿。
なんと2枚も・・!
f0239107_22543193.jpg

かわいい&おしゃれ・・・
スリップウェア、前から見るのは好きだったけど手にする機会がくるなんて!
感謝。
ケーキ、ドーナツなどお菓子関係はもちろん、先日は焼き椎茸をのせてもぴったりだった愛いやつです。
ここで買えます!→


それからもう一つ、こちらは自分で買ったもの。
f0239107_22575278.jpg
ランドスケーププロダクツのボトルランプ。
詳細はこちら→
紐が赤のもあるよ。

食卓が少し優しくなりました。
旧ダイニングランプの琺瑯は私の仕事部屋へ・・






[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-02-26 23:02 | 日々 | Trackback | Comments(2)
延岡上陸!
引越し完了〜!
f0239107_1225489.jpg



延岡からの初ブログは延岡の青空でも・・と思っていたのですが、今日はあいにくの雨。
昨日買ったアネモネの写真です。
このアネモネ1本75円?とかだった。
赤いアネモネって色合いがかわいくて大好き。

さて、2月14日に延岡に上陸して、そこからバタバタしていたらもうあっという間に一週間。
月曜日からすでに仕事をスタートさせています。
在宅でのお仕事は一部屋仕事部屋としてあてがってもらったおかげでなかなかいいかんじ。
やっぱり同じ部屋に何か生活感のあるものがあると気になるけど、今仕事部屋にはパソコンしかないので、全然気が散らない。
環境って大事!
あっさむには机を作ってもらい、フローリングをひいてもらい感謝です。


伊丹から飛行機で飛び立つ時は少しだけ、さらば大阪・・ってな気持ちになった。
外国へ行くのにもう何度も何度も飛行機に乗っているけど、それは常に往復切符で、片道切符で飛行機に乗るのは初めてだったので。
と言いながらも、何を大げさな、またすぐ大阪来るのに・・・と思う私もいましたが、
まあでもとりあえず、ちょっぴり神妙な面持ちで離陸したのでしたが、
一時間後に宮崎ブーゲンビリア空港に到着し、伊丹空港に見送りに来てくれた母妹に「宮崎着!」とメールすると「はや!うちらまだ難波ついてないで!」と返ってきたのでありました。
そう、宮崎空港までは結構一瞬なのです。

でも問題はここからで〜1時間20分の特急の旅。
宮崎から北へ海岸沿いをぶーんと走って、延岡へ。
到着すると、あっさむが旗を持って立っていた。

この日はみやちくという宮崎牛のステーキハウスへ。
窓側の席、横には真っ暗な五ヶ瀬川、「見てこのリバービュー」と言うあっさむ。
ちなみにみやちくの系列店は大阪心斎橋にもあるのですよ・・!
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27081562/

その後徒歩でぐるっと一周、一番の繁華街を案内してもらったが、うーん、わからないけど鳥取市駅前というかんじかな。

翌日はPC設定したりなんなり。

そして月曜日から延岡支店長として(嘘です)在宅出勤。
便利な時代になったもんだ。人生で一番ITに感謝。

久々に家事に追われる感覚を思い出しつつ、慌ただしく一週間はすぎ、ようやく金曜日ほっと一息。

夜落ち着いた気持ちで「風立ちぬ」を見たらこれがすごかった・・
劇場に見に行ってなくて、初めて見たんですが。
うーむ・・素晴らしすぎた・・・

ちょうど今私が考えていることとのリンクもあったのだけど、何重構造にもなっている物語の奥深さ、その上での完成度に心うたれて、見終わってからもしばし放心。
身近な愛するたった一人の命は尊べるのに、その一方で気付けば間接的に誰かの命を大量に奪っているということ、私にもあなたにも全ての人に起こりうること。
そのマクロとミクロの両方から描かれる人の儚さ、悲しさに感無量。
そしていつも最高の英知は争いに利用されるのだった・・
経済の潤沢と平和が両立することって可能なのかな・・

等々そこからいろいろ思いを巡らせていたら気付いたらAM3時半でした。


さて、昨日土曜日は、自転車でぐるっと近所を一周。

喫茶バンビでモーニング、図書館でカードを作り、行ってみたかった産地直売所ふるさと市場へ。
ここすっごい楽しかった〜!!
日常使いできる近さではないのが残念・・自転車で15分ほど。

元々旅行中に立ち寄る道の駅に目がないのですけど、それにしてもここはなかなかの規模。
数日前撃たれたばかりの猪肉が並び・・地元産のタコやマグロが並び、そして野菜野菜野菜・・
国産の、それも近所でとれた野菜を日常的に食べられるってすごく嬉しいことです。

調子にのって春を感じる枝、あれなんだろう、小さい木蓮のつぼみのようなふわふわがいっぱいついている枝を買ったりなんなり。
そしてそのすぐ近くのお花屋さんで冒頭のアネモネも購入。

延岡市民の一大お出かけスポットであるイオンをひやかし、その後スナック街をうろうろ。
目を疑う個性的なお店がたくさんあり興奮。
ガウディ建築みたいなのもあった。どうやってあの曲線の壁を・・というような。
また写真撮ったらアップします。

帰り道延岡のイノブンと心の中で命名した「生活の絵本」という雑貨屋さんを見て、雨が降ってきたので帰宅。
4時間の延岡遊び、大満足でした。
おもしろかった〜

夜はとっととお風呂を済まし、居酒屋閑香とバー寝迷着が同時開店(イメージはあまちゃんの喫茶リアス的な構造)、お客はそれぞれの店主のみ、という遊びをして、昼間買った手羽先などおいしく食べて就寝。〆の明太子おにぎり、食べ過ぎました。


そんなこんなで本日日曜はいろいろと落ち着くまで人に待っていてもらったことなど、気合い入れてやります!

今までよりも更新頻度上げていく予定なので、みなさまよろしくお願いします〜
近日中にちょっとウキっとするお知らせもします!
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-02-22 12:09 | 日々 | Trackback | Comments(0)
大阪カウントダウンな日々。
えーっとえーっと、いろいろなことがありすぎて・・
とりあえずここ3週間はお別れの挨拶の巡業をしています。
みなさんどうもありがとう。
お餞別いただいたりもして申し訳ないことです。

この3週間、いろんなところでいろんな人とご飯食べたな~
初めて行ったところは北浜の「いしころ」、移転した本町の「このは」(名店!)、天満の「えにし」、京橋の「Blanc」
馴染みの好きな店では、肥後橋の「チュカテ」、阿波座の「たま」、天六の「上川南店」、
それから天満橋の「先杯」「山猫軒」「カルバドス」「電気蕎麦」「dieci」このへんは大阪時代ほんとよくお世話になったな~という店達。
明日は大好きな「蔵」と「ホワイトL」に行く予定。あさっては「桃谷樓」。
あ、そうだ、念願の南森町の「にこ」にやっといけたけど、やっぱりめっちゃいいお店でした・・!もっと通いたかったな〜

ちなみに今あげたお店は全部おすすめです~
「このは」だけはお値段 はりますが、後はお手頃価格のおいしくて安いお店ばかりです。

あ、あとなぜかここに来てめっちゃカンテに行ってます。
中津本店、靭店、グランフロント店に数回。
でも大好きなカンテ。何回でも行きたい。


それにしても年始から体調を壊して、ずーーっとぼんやりしんどかったのですが・・
ついに、ついに復活した気がする!
・・と思ったのが1週間前くらいなので1ヶ月近く風邪をひいていたことに・・長かった・・

復活してからはもうほんと飛び跳ねられるほど元気で、夜遊びしたり京都に行ったりなど。
そして先日は仕事のお昼休みによ~いドンのロケに遭遇してインタビューされ、大阪らしい思い出ができました。。

落ち着いたらまた日々のいろいろ、ちゃんと更新しますー。


ところで全然関係ない話ですが、先日美容院に行ってファッション雑誌を見ていると山田詠美のエッセイが載っていたので読 んでいたのだけど、あーそうそう、こういうかんじ!!という気持ちになったのでそのことを少し。

もしかしたら何回か書いているかもしれないけれど、
私の今の、なんというか「マジョリティだからといって正しいこととは限らない」という考え方、「波風立てないのが一番、定例が大好きなジャパニズムにNO!」みたいな思考、
もうちょっと具体的に言えば私は結婚するときに相手に「私の厚意であなたの名字になってあげるけれどもそれが当たり前だとは思うな、私がそこにこだわりがなかったことを運がよかったと思え」みたいなことを言って相手の姓になったわけですが(相手がそれをのぞんでいたので)、
例えばそういうところ、そういう考え方、というか物の見方?を最初に私に示してくれたのは山田詠美だったかもしれない なあと、久々に山田詠美の文章を読んで、思ったわけです。
(姓について山田詠美がどうこう言っていたわけではありません、念のため。)

中学生のときに初めて読んで、その時は出てるもの全てというくらいハマって読んだ。
今はもう遠ざかってしまって全然だけれど、ファッション雑誌のエッセイの中には、あの頃と変わらぬかっこいい(と私には思える)正しい山田詠美の姿がありました。

ちなみにこのエッセイの内容は、編集者の新人を、その上司が「びしびし鍛えてやってください」と言って山田詠美のところに連れてきたりするの、はぁ?なんであたしが鍛えなきゃいけねーんだよ!という内容で、
成長や学びは誰かからしてもらう事ではなく常に自分主体でしていくことでしょうが、ということが書いてあって、まあほんと全くそのとおりだよね、って思いました 。

私の周りにこういうことを言う人は山田詠美だけではなかったけれど(例えば母とか)、でもやっぱり10代のときに読んだ本の影響って今でも着実に私の中にあるのかなあと思った一件でした。


さてさてそんなこんなで大阪ライフもあと少しです。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-02-02 23:40 | 日々 | Trackback | Comments(2)