<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
clamber LIVE 20th Anniversary「tour triology」@オリックス劇場
clammbonライブ!

ライブのために大阪に帰るというフットワークの軽さを見せた私。
だってだって、去年はギリシャに行っていて行けなかったし・・・!

というわけで、clamber LIVE 20th Anniversary「tour triology」@オリックス劇場
普段見るよりも大きな会場だったので、どうなるんだろうと思っていたけど、結果すんごくよかった・・

最近人生設計について模索することもあるけど、いずれにしても力強く生きていこう!って思えました。

つかの間の大阪滞在ではライブ以外ほとんど何もできなかったけど、
仕事にいって、串カツ食べて(力技の)、ビリヤードして、
タイ料理食べて(居心地良かったレモングラスハウス)、
大好きなシティモをうろうろして、みたいなかんじでした。

楽しかった!

さてまた延岡生活ゆるっと、しかし力強く過ごそう〜
延岡でもちょっと楽しいことはじまりそうです〜



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-30 09:59 | イベント | Trackback | Comments(0)
延岡ってこんなとこ
フィルム現像したので延岡の写真を。
こんなところです。
のどかでしょう。

f0239107_18292211.jpg
f0239107_18290191.jpg

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-23 18:31 | 宮崎関連 | Trackback | Comments(0)
「マリーゴールドホテルで会いましょう」と「インターステラー」
家でDVDで見た映画。

「マリーゴールドホテルで会いましょう」

しみじみした。
設定の年齢層が高いから実感はなかったけど、なんていうかつかずはなれず、あーいう大人の付き合いっていいなって思いました。
ジャイプールの景色も見れてよかった。

「インターステラー」

おもしろかったー!またこれも時間かけた分・・のやつ。
なにしろ3時間近く。
個人的には「インセプション」の方が人間の内部に迫るかんじで好みですけど、いずれにしてもノーラン監督の緻密な設定に沿って話を進めていくかんじ、おもしろくて好きです。
何が楽しいって見終わった後に、いろいろ疑問点を調べるのが楽しい。

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-23 18:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)
旅で読んだ本
・つれづれノート26 草の穂をゆらす
・つれづれノート27 石とまるまる

26は薄くて、行きのポルトガルに着くまでに読み終わってしまった。
あんまり印象に残らない1冊だったけど、何がおもしろかったって、過去のつれづれを読み直して一言ずつコメントしていっているところ。
「むーちゃんが出てくるとうっすらと嫌な予感がする」とか笑った。

そして27がかなりおもしろかった。
ここ数年、重苦しい雰囲気のつれづれに耐えてきたかいがあった。クリアでキレのある言葉がたくさん。
「(服装の)流行りの大縄跳びに飛び込んだが最後必死で飛び続けなくてはならない」なんてほんと、そうそうってかんじだった。
あと飛行機乗り遅れたときの臨場感にも笑った。
かなりおもしろかった。

・ガープの世界

いやー長かったね。読み応えあったね。
最近つくづく、いや前から知ってたけどさらに、時間ってすごいなあと感じる。
時間はかけた分のものがたしかに自分の中に残る。
必ず何かの形としての結果になるわけではないけど、たしかに自分の中にはその時間分の何かは蓄積される。
インド映画とかも、長いけど長いなりに同じ内容を2時間でまとめただけとは違うしみじみさがでたりしてるし。

というわけでガープ。
ガープの出生から死ぬまで、その後のエピローグまで、たっぷり読み応えがあり、一人の人生を共に駆け抜けたようなどっしり感。
あんまり品良くないし、滑稽で悲しくて、好みではないんだけど、でもまあやはりおもしろく、特に下巻に入ってからは止まらなかった。
違うやつもチャレンジしてみよう。

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-11 22:54 | | Trackback | Comments(0)
宮崎での日々
f0239107_21161440.jpg

もし6月に梅雨がなければ・・
おそらく一年中で一番気持ちの良い気候が続くのではないでしょうか。

なにも6月にしなくても・・3月とかじゃだめだった・・?
といつも思うけど、6月じゃないとお米とかうまく育たないんでしょうか・・


そんな梅雨の最中ぽっかりと合間に晴れた今日。
久々にカレーを作ったので、ベランダで食べました。
すっごい辛かった。
あっさむは途中リタイアしかけていた。


・・・さて、宮崎でもいろいろ楽しくすごしておりまして、書きたいあんなこと、こんなこと。
でもそれはまたおいおいにしていいですかね。
ちょっと長くなりそうなので。

とりあえず宮崎市には、気持ちが近い・・!と思えるおしゃれショップがいくつかありました。
まだまだ開拓できそう。できるはず。


気に入った2店舗を軽くご紹介。

1.S&Y WORK SHOP
おしゃんなオーガニックサーフカルチャー系ショップ、といったところでしょうか。
お店の人もとっても感じがよくて、というかそれもそうなんだけど、驚くなかれかつて私の地元に住んでいたというではないですか。
そして山岡ピザの人とお友達というじゃないですか。

そんなこともあって、ああなんかこのお店が宮崎にある安心感・・!と勝手に思ってしまった素敵ショップでございます。

2.喫茶 Quantum
これは私の食指がぴくんと動いてぐいんっと入ったお店。
店内など詳しく見たい方はこちら→

純喫茶だと思って入ったらいい意味で裏切られた。
これまた気さくな店主と話が弾んで嬉しかった。
この方も6年ほど京都にいたようで、やっぱり関西挟んでいる人とは話が早い。
まあ向こうがこっちのノリにきっと合わせてくれてるんだと思う。

またぜひ行きたいんだけれども、なにしろ宮崎市まで高速飛ばして1時間、下道だと2時間以上かかるらしいので、
宮崎市に行った際は立ち寄りたいですな。





[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-06 21:40 | 日々 | Trackback | Comments(0)
ポルトガル旅行のことのこと
f0239107_21054914.jpg

さてさて約10日間のポルトガル旅行。
ええもう、かわいかったですよ、そりゃあもうね、夢の国でしたよ。

スウェーデンもたいがいかわいかったけど、ポルトガルの方がなんていうか素朴というかちょいダサな感じで、
うーん、よかったなあ・・

かねてからずっと行きたかったポルトガル。
行けてよかったなー

ってことで少しだけ写真。

死ぬほど撮ったもんで、まだ整理できず、ざざざっと選んでみました。

f0239107_21061073.jpg
f0239107_21062254.jpg
f0239107_21062716.jpg
f0239107_21064397.jpg
f0239107_21063743.jpg
f0239107_21063229.jpg
f0239107_21060418.jpg
f0239107_23114547.jpg
f0239107_23120394.jpg
f0239107_23120847.jpg


そして最後に買ったものたち!
バックパックだったのであまり買い物できずでした〜

f0239107_21055716.jpg


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-06 21:09 | 海外 | Trackback | Comments(0)
5月前半 ゴールデンウィークと、展示会のこと。
ゴールデンウィークは、フォトガーデンさんで写真展をさせてもらって、
5日には未来ちゃんがライブをしてくれて、
これが予想以上によかったんでした。

いやどういうことかといいますと、思った以上に写真が音楽に合っていたというか、
未来ちゃんの後ろに写真が並んでいるのが良かった。
流れていく景色みたいに見えました。
来てくれた方ありがとうございます。

その他自分の記録のために書いておくと、GWの移動がハードで、
大阪の友達の家から、京都の友達の家へ、その後奈良の南部へ移動、
翌日奈良の北部の友達の新居へ、その後生駒の実家へ。
翌日奈良で展示会イベントで、その夜神戸へ、そして大阪に戻り、翌日また奈良へ搬出・・・
みたいな感じでした。

滋賀以外関西全部行った・・・。
と思ったら和歌山は行ってなかった、すいません。

そんなこんなでバタバタしてたらもうポルトガル行かなきゃ!ってかんじでポルトガルへ旅立った、5月前半でありました。

f0239107_20485850.jpg
大阪では居候生活を楽しみました。






[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-06 16:51 | 日々 | Trackback | Comments(0)
ガウディ×井上雄彦 展
これも5月上旬に行きました。
兵庫県立美術館でやっていたので。

夏にスペインに行く予定があるので、予習だーと思って。

ちゃんとしたガウディ展に行ったのは初めてだったので、模型とか見れてよかった。
一緒にスペイン行く予定のKさんと、ほうほうってかんじで、サグラダファミリアのできてない部分なんかもじっくり見れておもしろかった。

井上雄彦は・・そうだなあ・・これって客寄せパンダ的なことだよね、たぶん?
でもご本人は弁えられているというか、ガウディのこと尊敬しているのが伝わってきて、
もう全然並列で並べられるようなものではなかったですけど、悪い感じはしなかったです。慎ましくて。
絵はは本当にお上手でした。
ジャパニズム感じた。

兵庫県立美術館、久々に行ったけど、海が近くてよかったです。






[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-05 18:15 | 展示会 | Trackback | Comments(0)
龍三と七人の子分たち
これもだいぶ前、5月1日の映画の日に、どうしても見るものがなくて
(ほんとはマッジクインムーンライトが見たかったんだけど、ど早朝しかやっていなかった・・映画館の策略感じました。)
見ました。

まあまあだったけど、藤竜也ってすっごいかっこいい人なんですね。
知らなかったよ。
それ知れただけでもよかったかな〜

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-05 18:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)
舞台「麦ふみクーツェ」
1ヶ月以上前のことですが、「麦ふみクーツェ」の舞台を観に行きました。

いしいしんじ原作、トクマルシューゴ音楽監修ということで。

結論からいうと、トクマルシューゴの音楽は素晴らしく、観客が音を鳴らす(何か音の出るものを持参する)という試みもよかったし、舞台セットも夢があってよかった。
あと主役の渡辺豪太も合っててよかった!

結果楽しかったけど、ただ一つ、脚本に不満ありでした・・・

「麦ふみクーツェ」といえば、なかなかに暗い話。
結構長い小説で読んでいる間もわりとずーーっと暗い。
そして最後の最後に、もうその暗さをぎゅっと丸めてカーンとバットで空高く思いっきり打ち飛ばすような感動が来るのが、この小説の最大の特徴。
今でもそのラストを思い出すとぐっと胸が詰まるほどですが、

うーん・・・それは全然うまく表現できていなかったと思う・・。

なにしろ中途半端に楽しい演劇にしようとしているのが伝わってきて、
話の暗さと、そのポップさにアンバランスさを感じずにはいられなかったな。

原作知らなくて見た人はどう思っただろう・・

まあでも行きたかった舞台なので、行けてよかったです。
トクマルシューゴのライブ行きたいなあ〜!!

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-06-05 18:05 | イベント | Trackback | Comments(0)