「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
連休の話など長々と。
いわゆるシルバーウィーク(このネーミングおもしろいね。)
に何していたかといえば、
前半3日間はあっさむ母妹を招いて九州案内をしておりました。

1日目

熊本空港→阿蘇へ。
噴火直後でどうかと思っていたのですが、結構近づけて、
阿蘇山から煙もくもく、咲きかけのススキが一面にゆれ、
とってもいい眺めでした。
こんな日に限ってカメラを忘れてしまった私。
かなり悔やまれます。

その後、TienTienでランチ。
3年ほど前にも来たけど、旧洋裁女学校はあいかわらずいいかんじ。
連休中なのに意外と人が少なかったのもよかった。
ここはかなりおすすめ。

そのあとは鍋が滝へ。
滝の内側を歩けるところ。
人は多かったけど、なかなかよかった。

それから延岡に帰る。
晩御飯は宮崎牛のすき焼き。

ごはんの後みんなで延岡の繁華街を散歩して楽しかった。


2日目

朝ごはんを食べて高千穂へgo!
しかしここは予想どおりシルバーウィーク発揮されており、
トロッコは満席、高千穂峡のボートも夕方まで満席。

というわけで高千穂峡で食事をとって、
ぶらりと散歩して高千穂を後に。

そこから一路ぶいーんと霧島まで3時間の大移動。
夕方、霧島のホテルにチェックイン。

お食事は部屋食でのんびりできた。
なにより部屋が広くてびっくり!
今まで泊まった旅館の中では一番広かった。

3日目

霧島のキリン商店に寄り、そのまま飫肥へ。
飫肥のこだまギャラリーでカツオ一本釣り炙り定食。
2種類の味のカツオを炭焼きで炙って食べられる。
〆は出汁茶漬け。
おいしかった〜!

それから飫肥を散策。
あっさむきっての希望で「服部植物研究所」も。
ここ、おもしろかった。

それからまたぶいーんと青島へ。
飫肥で遊びすぎて時間がない・・!

1時間くらいで弾丸で青島をぐるりと一周。
時間配分ミスってすいません・・

それから宮崎空港へ。
お二人をお見送り。

すごい移動距離だったけど、いろいろ周れて楽しかった。

--------------

私たちは延岡へぶーんと帰り、
お疲れ様のお寿司。

最近できた江戸前寿司のお店「鮨たけ」。

小綺麗な私好みの店内でよかったのだけど、
二人で19000円、割高感が否めない・・
いや好き勝手頼みまくった自分が悪いのだけど。
一人2000円からコースあり〼。

お寿司、お寿司・・本当に好き!!
というわけでお寿司には結構うるさい私なのだけど、
最近関西でも大流行りのこの手の江戸前寿司、
小ぶりで赤酢、酢飯が温かくて、全部味ついてくるシステム、
それ自体はいいんだけど、
味に一抹のどんくささを感じる店が多い。

特に赤酢の使い方。
これも好みだとは思うんだけど、茶色くなるほどの赤酢の酢飯ってどうも私はいただけない・・
ネタの味を邪魔している気が・・
普通の酢に混ぜるくらいでいいんじゃないかなー
そして温かい酢飯もあんまり好きじゃないんだよねー
つまり江戸前が好きじゃないってことかもしれない・・

なんというかもう少しキリっとしたお寿司が好きなのだ。
そしてこれは個人的は話だけど、お吸い物を頼んだら、
関東風なのでしょうか、色が黒くて味が濃くて、がーん・・となった・
次関西に帰ったら透き通ったお出汁の土瓶蒸しか何かが食べたい。

・・・とはいえ店内は雰囲気よかったので、また行くかも。
お寿司のことを一番熱弁してしまった。

今まで私が一番おいしく感じたのは、
南森町の「寿し芳」。
また行きたい。

ちなみにこの旅行記の様子はあっさむがこっちでもレポートしてます 笑

さて、連休残りは、
22日は、昼間は買い物など行き、
夜はあっさむのB.Dpartyということで、
パエリア、スペアリブ、いちじく生ハムサラダと定番パーティーメニュー。
おいしかった。

最終日は昼間ずっと昼寝。
そして読書。

しなきゃいけないこともあったけど、
ええままよ、今日は一切のすべきことを投げ出そうと決意。

だみだみと好きな本など読んで幸せ。
あっさむに太宰を読み聞かしたりなど。

夕方からは「めがね」のDVDを流しながら、
こちらも負けじと明るいうちからビールを開け、
ハーブレモン塩につけこんでいたイカリングを揚げ、宴会。

牛肉のバター焼き、パエリアとスペアリブの残り、冷奴、そしてまたイカリング、とつまみながら食べる。
食べ過ぎたけど、良い最終日でした。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-09-29 22:46 | ちょっと遠出 | Trackback | Comments(0)
最近読んだ本
江國香織「真昼なのに昏い部屋」

おもしろかったーーー

「想像ラジオ」みたいに、ちょっとこれ読んでみて、ねえどう思った?ねえねえ、
と人と話し合いたくなる本もあれば、
別に他の誰にも読んでもらわなくていいし、誰とも共有せずとも満足できる本もある。
ということでこの本は後者。

こういう本、っていうか江國香織の本のほとんどに私は自分の分身がそこにいるように感じているのだけど、
江國好きだけど、共感してるわけじゃないって人も結構いるんだろうなー
受け付けない人も多々いるだろうけど・・

まあとにかくこの小説はなかなか、すっきりとまとまっていて、
まどろっこしさもなく、軽やかな疾走感!
かけぬけるような、早く早くと手を引かれながら進むような爽快感がありました。
全てが目に浮かんで美しかった!

そして、最後どうなるのーーーって思いつつ一気に読んで、
うーーん、技ありすぎるラスト数行。
納得、何一つ口を挟むことはございません、
といった完璧なラストでした。

あらゆる人間の長所と短所を愛おしく傍観して書かれた、
人間観察ともいえるおもしろい1冊でした。


あと、気まぐれに太宰治の「ヴィヨンの妻」も再読。
やっぱりおもしろいねー


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-09-23 20:50 | | Trackback | Comments(0)
9/5-スペイン後の日々、海の幸、山の幸。
そういえば、スペイン数日目であれ、喉痛い・・と思うこと数日、
ギリギリセーフでしんどくなったのは帰る日でした。

あとは飛行機に乗るだけ・・とにかく荷物をなくさないように・・と集中して搭乗。
豪華なお食事は全く手をつけられず、ひたすらオレンジジュース(これがすごくおいしかった・・やはり欧州周辺のオレンジジュースっておいしいのね)を飲みながら横になって寝続ける。
スペインからドバイまで約7時間。

ドバイでの乗り換えは朦朧、
そしてまたドバイから大阪へ。約9時間。

なんとか関空にたどり着き、知り合いの家へ。
そこで優しい日本食とビタミンなどふんだんにいただき、昏睡。

翌朝目が覚めたらなんとか熱も下がっていて、
そして私はOTODAMAのチケットを買っていたのであった。。

無理かと思ったけど行けそうなので出向く。
フェスに行くことはもうないかもと思っていたけど、メンバーがメンバーだったので。
クラムボンもbonobosもアナログフィッシュも良かったけど、

全ては前座のように思えてしまったラストのフィッシュマンズの素晴らしさ。
あれはフィッシュマンズ好きじゃなかったら重すぎるほどのライブだったように思う。
改めてフィッシュマンズいいな〜・・としみじみしたOTODAMA'15でした。

翌日はそのまま関空へ→宮崎。
空港まで迎えにきてもらっていて楽チンでした。
延岡帰宅。おつかれさまです。

で、9/7からの週。
月火と仕事。
とにかく魚が食べたくて、月曜日はサンマときのこごはん、火曜日はカンパチのあら炊きを作った。

水曜は仕事の打ち合わせ、荷物の整理など。
木曜日は仕事。

そして金曜日は夜映画。「海街diary」
そのあと近所の餃子屋さんで瓶ビール。おいしかった。

土曜日は、昼前に家を出て、車で1時間ほどの大分県「蒲江」に。
ここ前から来たかったんです。
「うさぎ亭」で海鮮丼。
私はウニと漬けのハーフ。
おいしい〜〜そして海が見えて気持ちいい〜
f0239107_22023010.jpg
f0239107_22023923.jpg

ちょっとコーミングして帰宅。
この辺りからさすがに疲れが出てきて、顔色が悪く昼寝。
夜は近くのホテルのビアガーデンにあっさむの同僚ご夫婦と。

ここもまた眺めよく、雰囲気が良かった。
楽しく飲み食べしたけど、やっぱり体調悪くて、一次会のみで帰宅。
早めに就寝。


そして日曜日
村の取材の仕事。
今回は初めてあっさむを連れて行く。

仲良くなったU子さんのおうちに行ったり、旦那さんの農園を取材させてもらったり。
お昼はお蕎麦。
体調悪めの私が少し車で休んでいる間にあっさむは民俗博物館へ。
おもしろかったそう。(私は前に行った。)

その後帰る直前に偶然出会ったおじさんが狩りの名手ということで
おしゃべりしているうちに鹿肉をもらえる流れに。
申し訳ないので猪肉を買わせてもらったけど、相当安くしてくれた。
家まであげてくれて、コーヒーもくれた。
連絡先も交換。猟師の友達ができました。

肉肉しくなった車で一路延岡に帰る。

ベランダに七輪を出し、もらった鹿肉と猪肉を焼く。
f0239107_22025512.jpg
野性味あふれる味・・
おいしかった。
まだまだ冷凍庫にある・・

翌日、残っていた鹿肉をステーキにした。
赤ワインとブルーベリーのソースで。
ジビエ料理って感じで。
f0239107_22030229.jpg
ちなみにお味ですが、猪肉は弾力があって甘い豚肉、鹿肉は牛ハラミに似ています。

延岡にきて7ヶ月、すっかり九州っ子な生活です。

f0239107_22024749.jpg









[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-09-15 22:04 | 日々 | Trackback | Comments(2)
ここ最近読んだ本
・いとうせいこう「想像ラジオ」
よかった・・
私がいとうせいこうと相性いいってのもあるみたいだけど、
それにしても良かった。
ぜひたくさんの人に読んでほしい。

これは小説というよりも、現代に生まれた新しい物語の形かもと思う。
本を読む習慣のない人にこそ読んでほしい。
この話にピンとこない人は、心のアンテナが錆びているのではないかと危機感を持ってほしい。

良かったところをまとめると
・そのタイトル通り、「想像」することの大事さが書かれている点
・震災がテーマでありながら、それだけに留まらず、大事な人を亡くすことはどういうことかに言及している点
・これが正しい姿勢だと明言しない優しさ

みたいなところかなー
いやもっといろいろ思うところはあるんですけど、とりあえず読んで良かった一冊でした。

・石井陽青「アンティーク・ディーラー」
へーってことがいっぱいで、勉強になった。
アンティークの奥深き世界・・・

・関美香「古くて美しいもの」
こちらはまた違うアプローチで古いものについて書かれていておもしろかった。

・いしいしんじ「ある1日」
読み終わってぐったり・・・
したけど、心底素晴らしい本でした。
いしいさんの文才爆発、ここがどこか分からなくなる浮遊感。
そして壮絶なラスト・・は結構しんどかったけど・・
しかし、
最後の園子さんのバースプランに涙。

とはいえ私はあれは絶対書けない・・・


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-09-15 22:01 | | Trackback | Comments(0)
海街diary
延岡に帰ってきて、見ました。
初「延岡シネマ」!!

歩いていける小さな映画館。
規模でいうと、テアトル梅田くらいです。

そこでやっていた「海街diary」
大きな期待はできないキャスト、半信半疑の是枝監督、
という気持ちで見たのですが、

そんなことよりもー!!
映画館貸切でした・・お客さん私たちだけ・・
そのことの方に興奮してしまった。
なんて贅沢なんだ!!

映画の方は、まあ、
期待せずに見たらそう悪くなかった
というところです。
元々これですごい大きな感動もらうとか、深く考えこまされるとか、
はなから思っていなかったので。

みんな美人だなー縁側いいなー姉妹っていいなー女だけっていいなー
この空気感いいなー
みたいな感じでした。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-09-15 22:00 | 映画 | Trackback | Comments(0)
ヴォルフガング・ティルマンス個展「Your Body is Yours」
大阪にて行ってきました。

ヴォルフガング・ティルマンス個展
「Your Body is Yours」

ドイツの写真家の展示です。

まあはっきり言って難しかった。
抽象的なイメージ。
私が普段いる世界から遠い空気感。
うーむ・・これは・・分からん・・!!

と思いながらもずるずると進んでいくと、
なんとなーく感じてくるものもあった。

一言で言うならざわざわ感。
この世界はざわざわで満ちていて、耳を澄ませばうるさいくらいにざわざわしてる。
閉じるも自由、すますも自由。
でもその空気みたいなのはたしかに存在してて、

それが写っているなあ・・と。

私が前知識なしで感じれたのはこれくらいかな。

一緒にやっていた「他人の時間」展もまた、社会派で結構難しくて!
いや、歩きながら眉間にシワいったよね・・

ジョナサン・ジョーンズ《光落ちるウォール・ウィーヴ》という展示は良かったです。










[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-09-15 21:59 | 展示会 | Trackback | Comments(0)
帰ってきました〜
f0239107_12552885.jpg
1週間以上前になりますが、無事スペイン→関西と帰ってきました!

スペイン、まあ社員旅行ということで上澄みをさらった感じなので、
慌ただしくすぎていきましたが、
それでもガウディ建築が見れたのは本当によかった。

高級ホテルやミシュランレストランやらいろいろいい思い出ができました。

いろいろ書きたいことが溜まっているのでまた更新していきます〜



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-09-15 21:58 | 日々 | Trackback(1) | Comments(0)