<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
大阪お店備忘録
フレンチ・・・っていろいろ思うところはあれど
やっぱり思うのは日本人向きではない・・ということ。
量も多いし・・!
それでもやっぱり日本人がフレンチが好きなのはスペシャル感があるからではないのかな。
というわけで、今までで最も満足度の高いフレンチのお店に出会えてしまいました。
全てが素晴らしかった!!

好みだと思うけど、店内のインテリアがドンピシャすぎた・・
おっしゃれーーーかつ、あたたかみのある木や石などがメインの装飾。
ランチだったからもあるけど、店内も明るくて、店員さんも雰囲気がよい。
そしてオープンな厨房。
お料理も野菜を中心としてて美しく、しかしやりすぎてもなくて、メインのお肉なんかはシンプルに素材の美味しさが感じられて、
もう本当に文句無し!

fujiya1985以来の驚きだったけど、今回の方が好みかも。
なんていうか、明るい。
あーよかったーーまた行きたい〜〜〜


魚や市
こちらは居酒屋さん。
おいしかったーーー!!
ホタルイカとわかめの出汁しゃぶ、甘エビのうに和え、干し柿バター、牡蠣グラタン、などなど・・
どれもシンプルで余計なことはしてないけど、おいしい組み合わせをちゃんと考えて、おいしいものを作ってる!って感じで、そういうお料理大好きだーー

それからいきつけの蔵もやっぱりおいしくて嬉しかった。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-03-31 18:17 | お店 | Trackback | Comments(0)
ONLY ONE Shiiba 本のこと。
f0239107_13020522.jpg
宮崎県東臼杵郡椎葉村。
日本三大秘境とも言われる宮崎県の山奥の
この村についての本を作るお手伝いを、取材カメラマンとしてさせてもらいました。

去年の7月から取材を開始して・・
ついに完成!!
f0239107_13021531.jpg
f0239107_13022291.jpg
いっぱい写真使ってもらっていてとっても嬉しい。

詳しくはこちら

電子ブックはこちら


でもやっぱり紙で触る手触りは暖かくて、webとは一味も二味も違うので、
お知り合いの方々にはまたお会いしたときに実物お渡ししますね。

紙媒体に自分の写真を掲載したい、というのがもし写真を仕事にできるなら、それが私の一番の希望で、
それはやっぱり本が好きだから。紙が好きだから。

あともう一つはやっぱり新しい場所、未知の出会いを撮影したい。
その希望が二つも叶い、しかもこんなにがっつり叶うとは嬉しいことです。

なぜこの仕事をできることになったのか、
そしてこれをデザインされている素敵なデザイン会社オノコボデザインについて、
そしてそして実際の取材の日々についてはもう語り尽くせないほどいろいろあって・・

詳しく書きたいのですが、本日多忙により、それはまた別の機会に!

今週末から1週間ほど大阪です〜



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-03-18 09:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
しずまる弁当200円。
f0239107_18170803.jpg
突如お弁当作りブーム。
前から一回やってみたかったんだよね。
このブームいつまで続くのでしょうか。

お昼って、外食ばかりも飽きるし、お弁当ばかりも飽きるし、
満遍なくがいいですよね。
私は結構な頻度でパンも食べたい派。

f0239107_18175458.jpg

f0239107_18180716.jpg


f0239107_18174692.jpg
f0239107_18172300.jpg

最後のは自分用。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-03-15 18:20 | 日々 | Trackback | Comments(2)
サイダーハウスルール
ずーーと見よう見ようと思っていてついに見れました。
今更感満載ですが。

監督は「ギルバート・グレイプ」のラッセ・ハルストレム。
なんとスウェーデン出身!シラナンダー

ギルバート・グレイプはやっぱり私の中では特別な映画です。
どのジャンルにも属さない。
暗いけど、暗くない。
息苦しさと、吹き抜けるような爽やかさ。
不思議な、本当に忘れられない、いつも心の中にあるといってもいいくらいの特別な映画です。

それで「サイダーハウスルール」。
流れる空気感はやっぱり同じで、静謐で、丁寧で、泣きたくなる人間賛歌。

ただ、監督が同じでDVDのジャケットが劇似でもギルバート・グレイプは原作はピーター・ヘッジズという人で、サイダーハウスルールはジョン・アーヴィング。
どちらの映画も著者本人が脚本も手掛けてて、それがいいんだと思う。
そしてちゃんとその差が出てます。

ピーター・ヘッジズについては全然知らないのですが、ジョン・アーヴィングはがんばって「ガープの世界」を読んで、なんとなくカラーは分かります。

ということでやっぱり私はギルバート・グレイプ派。
サイダーハウスルールの方が実際に起きることがヘビーで、それがいくら優しく美しい視点であっても、やっぱり気持ちが沈みます。
それを美しく軽やかに描くってのが醍醐味なんだろうけど。
いや、まあギルバート・グレイプもヘビーといえばヘビーか・・
でも激しくはない。
アーヴィングは激しい。

あとやっぱり終わり方が圧倒的にギルバート・グレイプの方が好きかな。

とはいえ「サイダーハウスルール」、良かった。
音楽がすごくきれいで。
映画の空気感を作るのに一役どころではなくかっていて、あの音楽ありきですね。
見てよかった。

しかしこんな素敵な二作を撮った監督が、あのここ数年見た中で一番の駄作「砂漠でサーモンフィッシング」を撮っているのだから、分からないものだ・・
脚本に忠実なのかな・・

--------

ところで優しさに泣きたくなるといえば、bonobosの「三月のプリズム」。

曲は知っていてなんとなく好きだなってくらいで、歌詞を全然知らなくて、
この度3月11日にラジオでかかっているのを聞いて驚いた。

bonobos、というか蔡 忠浩、すごいかも・・・・


なきべっちょらにずっと降り注ぐのが良いことばかりであることを願い
わたしたちは歌おう、
悲しみにドッコイセェと土を盛り
そして、千年の一瞬を狂った渚にまっさらなあかりがつくのを見よう

時間の速すぎる流れにも意味があるというのか
想い出もぶっちぎるほどに速く訪れる、無遠慮な未来にさえ

わたしたちは歌おう、
悲しみにドッコイセェと土を盛り
そして、千年の一瞬を狂った渚にまっさらなあかりをつけよう

(bonobos/三月のプリズム)


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-03-15 18:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)
気ままな暮らし
ふたご座だからでしょうか。それは関係ないのでしょうか。
私の中には二人の私がいて、一人は怠惰で気まま、一人は好奇心旺盛で自己顕示欲が強い。
この二人は気が合うこともあるけど、基本的には対立しながら均衡しています。
しかし体は一つ。どちらをするはめになるかはタイミング次第・・私自身もあまりコントロールできていません。

というわけでただいま絶賛怠惰で気まま側有利な状況です。
もう一人がぶーぶー言ってくる時もありますが、耳を貸しません。
私は今気ままな生活を楽しんでいます。


先週月曜日はヨガ、火曜日は佐賀で買った新ものひじきを煮たらこりこりとおいしかった。
それから明太じゃが、みのり農園の卵のだし巻きも。
水曜日はウォーキングしたような。
そして木曜日はヨガの子を誘ってごはん。
安くておいしい焼き鳥。そしてそこで出会ったおじさんと3人でなぜか二軒も。
翌朝一体なぜ・・という思いに包まれた。

金曜日はあっさむと気になっていた居酒屋へ。
しかし音楽のセンスが合わず・・味はおいしかったけどもう行かないかも。残念。
その後前から行ってみたかったビリヤードのあるバーへ。お客さんがおらず、貸切で好きなだけできた。
その後桝元で辛麺。おいしかった。

土曜日は午前中ウォーキング。その後洗濯。
明太子パスタを食べて、買い物の旅。
ヨガの子に教えてもらった花屋“Hana-Kichi”に行ったら種類も豊富で安いし、テンションあがる!!
春らしくクラスペディア(黄色い丸々)など購入。これで1270円!安い〜!!
f0239107_11142303.jpg

その後気ままな私たちは隣の隣の市まで植物の鉢を探しに行き、海産物屋を冷やかし、
気のむくままビーチに行き、港を冷やかし、ユニクロに寄り(日向市のユニクロが生駒のユニクロに内装がそっくりすぎて瞬間移動したかと思った)、
お腹がすいたので、延岡に戻って「直ちゃん」でチキン南蛮定食。
来るのちょうど1年ぶり。

それからドラッグストアなど巡って、帰宅。
お風呂に入った後、最後のみのり農園卵でクレームブリュレを作る。


日曜日はややお寝坊し、朝ごはん後、部屋を片付け。
それから昨日に引き続き鉢を探しにいき、妥協の購入。
いくつか用事を済まし、純喫茶でお茶でもしたかったけど、日曜なのでそこまでの気ままはできません。残念。

帰って植物植え替え、ランプ磨き(あっさむ)、掃除機(あっさむ)、ベランダ掃除(あっさむ)、
私はその間クレームブリュレの上をバーナーで焦がす作業。
ちょっと固めだけど、おいしくできた。
f0239107_11144241.jpg

でも先日福岡の「あのカフェ」で食べたものには全然及ばない。
あの店のレシピが知りたい。

晩御飯は冷凍庫で眠っていた鹿肉でステーキ。ブルーベリーのソースで。
それから一口カラスミパスタ。
デザートにまたクレームブリュレ。
食べた食べた。

そんな感じで気ままな土日は終わりです。


それにしてもついに花粉が・・辛い・・
空気清浄機を買うか悩みます。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-03-09 09:37 | 日々 | Trackback | Comments(0)
糸島・博多・唐津旅行!
f0239107_18544915.jpg
1泊2日でびゅーんと福岡周辺に行ってきました!
延岡からは車で3時間半くらいです。
延岡に引っ越して1年、車で2時間だと近いと思っている私がいます。
3時間半はそこそこ遠出、という感じです。

そんなわけで福岡。

1日目

まずは博多駅で幼馴染のKと合流。
そこからぶいーんと糸島へ。
あいにくのお天気・・・
着いた頃にぽつぽつと雨が・・

南国気分を味わおうとサンセットカフェに行くも、みなさんのんびり雨宿りされていて、席が空く気配がないので、しびれを切らし、別のカフェへ。
RUSTIC BARNという古民家カフェ。
落ち着く店内でよかった。チャイもおいしかった。
f0239107_18554362.jpg
f0239107_18561192.jpg
それからぐるりと糸島一周。
糸島は鎌倉にかなり近いものを感じた。
サーフィンとおしゃれがある都会から約1時間のデートスポット、という感じ。
f0239107_18570633.jpg
f0239107_18572984.jpg


雨も止んできたので、ビーチに繰り出すとなんと大収穫が。
ウニ脈掘り当てました!
こんなに拾えたのも初めてだし、こんな小さいのを見たのも初めてです。
f0239107_18563274.jpg

そのすぐ近くの、8店舗が一つの建物で一緒になっているPALM BEACH THE GARDENSへ。
その中のHEY&HO.(波佐見焼のお店)とMARKET23(食品・お土産ものやさん)を物色。
どちらもおしゃれで楽しい。

そのあとにぎやかな春という直売所へ。
ここもすばらしー!
ここでKとあっさむは「つまんでご卵(らん)」という黄身がつまめる卵ご飯(230 円)を食していた。一口もらったけど、おいしかった〜
ここ、バーベキューもできるみたいで、今度ここでバーベキューしたいなー

ぐるりと一周して糸島を後に。
博多へ戻り、各自休憩&自由行動(笑)
18時にtoc-toc港店前で集合。

そこからは後に「はしごの見本」と自画自賛したほどの華麗なはしご酒。

まずはtoctocでお刺身、ウニ刺し、海老シュウマイ、かさごのから揚げ、焼きおにぎりウニのせなど。
全部おいしいかった・・!

そこからぷらぷら歩いて、なんとなく流れで屋台まみちゃんへ。
日本では初屋台。こんなところ日本にあるとは・・外国みたい。
明太玉子焼きやホルモン炒め、おいしかった。
いいお店でした。

しかしいかんせん屋台は狭かった!
ゆったりくつろぎたいと、安息の地を求め、適当に入ったあのカフェ

ここがめっちゃよかった〜!!
堂々とバー宣言できるお酒の種類&店構えでありながら、カフェメニューも充実。
食事メニューもかなりある模様。
自家製クレームブリュレ、めっちゃおいしかった!
広いソファでくつろいで一安心するアラサー3人・・

さて、元気も出たので最後!ラーメンで〆です!

少食の私とKは、今日は絶対に〆にラーメンを食べると固く誓い合い、それに向けてお腹を調整し続けた末の今。
いけます!ラーメン!!

というわけでこれも流れでなんとなくやまちゃんへ。
めっちゃおいしかった〜!!
量も少なめで食べきれる!!大満足。
おなかいっぱいーーー

ふらふらと天神湯の華という温泉へ。
女湯は結構すいていたのだけど、男湯はごったかえしていたらしい。

のんびり入って、タクシーでホテルまで帰り、ばたんきゅーと眠る私たちでした。
満足。


2日目

打って変わって本日は快晴!
太宰府にいこうか、筑後にいこうかと言っていたのだけど、
イカ食べたくない・・?
ということで急遽お隣佐賀の呼子にイカの活け造りを食べに行くことに。
まさか呼子にイカを食べに行く日がくるとは・・!
大人って感じ!いやもはや中年?

途中唐津の鏡山展望台で虹の松原とやらを見物。
これがすごかった〜
展望もすごいし、松林もすごい。
f0239107_18582686.jpg
f0239107_18583681.jpg

そしてとっても小春日和で気持ちがいい〜
これは・・春がついに来たような・・!!
Kは「今日絶対クマ起きてるよな」と。たしかに・・!!

展望台を後にして一路呼子へ。

呼子いい感じだ〜
f0239107_18590173.jpg
でもここはかなりの観光客!
イカ本家というオオバコのお店でイカ活け造り。
透明でこりこりしてておいしい〜
鯛のあら炊きもおいしかった。
f0239107_18591827.jpg

その後呼子をぷらぷらして、唐津に戻る。
農産物直売所で爆買いする私。
いちご、梅の枝、ひじき、レモン、するめ、じゃがいも、など。

それからふらりと近くの「みのり農園」というところに。
養鶏場とケーキ屋さんをやっている素敵なお店。
シュークリームを買ってみたらおいしかった!
そして朝産みたての卵を購入。
これで博多で明太子を買えば完璧!

さあ博多に戻ろうかというところで偶然見かけた駅がこの旅の一番のヒットでした。
虹ノ松原駅。
f0239107_18594439.jpg
かわいい〜〜!!
外観もかわいいし、中もかわいすぎる!!
f0239107_19001077.jpg
f0239107_19003795.jpg
これぞ旅の醍醐味。
ちょうど電車も来るところで、電車も見れた。
唐津、めっちゃいいとこやん!!
唐津に生まれたかった・・故郷唐津がいい・・と言いながら博多に戻る。

博多ではさくっと明太子を買い、最後に能古うどんを食べて、Kをお見送り。

私とあっさむは3時間ちょっとで延岡へ。
22時帰宅。

うーん、楽しかった!

やはり佐賀はすごくいいところな予感・・
またじっくり行きたい!


◆買ったものリスト
・糸島ピクルス
・呼子椿油
・レモン
・いちご
・新ひじき
・梅の花
・みのり農園の卵
・明太子
・ぶりほぐし身




[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-03-01 19:19 | ちょっと遠出 | Trackback | Comments(0)