「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
大分におでかけ
山の日は気分転換に大分に向かいました。
まずは行ってみたかった「かもめのジョナサン」へ。
ナイスロケーション。
デートにぴったりだね。
f0239107_18220451.jpg
f0239107_18221491.jpg


それから市内をぶらぶら。
大分、延岡よりは買い物できる、と信じて毎回行くんだけど、結局期待が大きすぎて(ついアミュプラザ大分っていう駅ビルをルクアもしくはなんばパークスみたいに思ってしまうんだけど、実際行くと違う)、結局思ったほどじゃなかった・・って毎回なってしまう。
大分に罪はないのだが・・悪いのは私・・。

でも今回一つ大収穫は「カモシカ書店」!
ここはよかった!!ナイスサブカル空間!!
今度はここでお茶したいな。

その後古着屋などまわってから、佐伯へ。
佐伯は大分市と延岡のちょうど真ん中くらいの港町。
調べていた回転寿司やさんへ。
予想通り佐伯の回転寿司はおいしかった!!(延岡とは大違い・・)
佐伯産の初めて聞く名前の魚がたくさん。
これは・・頻繁に来たい!!

それから佐伯港へ。
今日は花火大会。
まさかそこで!?という近くであがり、地響きのような音を聞きながら花火鑑賞。
近くてめっちゃきれい!
でも人は全然多くない!!
構成も凝ってて、水面に映る花火もきれいで、大満足でした。

1時間ほどで帰宅。
楽しかった。

翌朝枕元にこれが。
f0239107_18252562.jpg

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-08-15 18:26 | ちょっと遠出 | Trackback | Comments(0)
最近の出来事。7月末あたり。
f0239107_13330958.jpg
先週末、7月最後の週末は早起きして午前中歯医者に行き、そのままぶーんと心のオアシスOtto Ottoへ。
いつ来ても安心する。
ホーム感。
それはオーナーが神戸出身だからということが絶対に関係している。
店の雰囲気が関西の郊外のそれ。
話したことはないのだけど。
同じく宮崎市のS&Yにも感じるホーム感。それもやっぱり店主が関西出身だから。
つきまとう出身地のアイデンティティ。離れるまで考えたこともなかった。

ピザは今日も本当においしい。
ピニャコラーダのジェラートも最高!

そのあと 諸塚村の黒原ブルーベリー園へ。
去年もお邪魔した。
ブルーベリー摘み。
食べながら摘ませてくれる。おいしい。1kgも摘んだ。
満足して帰宅。

夜は延岡の花火大会で、ありがたいことに家から見えるので、のんびりとベランダごはん。
クーラーボックスに氷水はって冷たい飲み物が用意されていた。
わかめとしらすとキュウリの酢の物、焼きなす、メヒカリとししとうの天ぷら、そして前日から仕込んでいた角煮(今回大成功)と煮卵、最後はヤンソンさんの誘惑(ポテトとアンチョビのグラタン)で〆。
おいしかった。

翌日は角煮の下茹でスープでラーメン。夜はついに冷や汁デビュー。
冷や汁という食べ物をみなさんご存知ですか?宮崎の郷土料理です。
これはなかなかおいしいね。今度は「冷や汁の素」をつかわず自力で作ってみたい。


とある平日は、あっさむが早く帰ってきたので、ごはんのあとウォーキング。
ちなみにごはんは健康志向で鯵の開き、だし巻き、焼きなす、冷奴、酢の物、椎茸焼き。
しかしなんとウォーキングの帰りに前から気になっていたホルモン屋へと連行され、目の前でじゅうじゅうカルビとハラミを焼き瓶ビール。
ダイエットになっていない!
お店のおじさんは大阪に昔住んでいたとのことで盛り上がり、座敷で寝ていた94歳(!)のお母さんも起き上がっておしゃべり。お元気!
夜少し食べるお肉はめっちゃおいしくて、大満足。
しかし食べすぎーー

上の写真は仕事でテストで撮影した写真。素材っぽいね。
早く海いきたい!!


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-08-05 09:31 | 日々 | Trackback | Comments(0)
読んだ本
少し前に一気読んだ3冊が全部面白かったのだけど、3冊分心に入ってきたらなかなかどうしてぐーんと落ち込んでしまった。
というのはだいぶ前の話ではあるが。

一回じっくり落ち着いて考えたら、暗い気持ちの理由もだいぶ分かってきて、今は気分が戻ってきてほっとしているところ。

それにしても。
1,はだかんぼうたち 江國香織
2,笹の船で川をわたる 角田光代
3,平凡 角田光代

1冊目が今の気持ちとしては近い。
いつまでこんなこと続けるのだろうと思うながら、抜け出せない甘やかさと心細さ。

そして、2冊目、3冊目は同じテーマ。
「笹の船で川を渡る」の方が大作で引き込まれたけど、年代が違う分なんとかリアリティを感じすぎずにすんだのだけど、
「平凡」はえぐるようなリアリティで、なぜこんなことを書くのだ・・と恨み言の一つも言いたくなる感じ。

同じところで止まるならば「はだかんぼうたち」のようにいなければならず、進んだら進んだで「これとは別の人生があったのでは」と思わなければいけないなんて・・
いや他の選択肢もあるはずだと今自分を奮い立たせているところ。


そうこうしてるうちに
・ワンナイト 大島真寿美
・あこがれ 川上未映子

も読んだ。

夏が着々と過ぎて行っていて気持ちばかり焦る。


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2016-08-05 09:29 | | Trackback | Comments(0)