<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
春のごはん
はー春はなんでこんなに野菜がおいしいのか。

先週末はえんどう豆としらすの土鍋ご飯。
数年前「のとや」というおでんやさんで食べた豆ご飯がおいしすぎて、
そこから好きになった豆ご飯。
何杯も食べてしまって翌朝苦しかった。

それからその前は筍ご飯も作りました。
筍の木の芽和えも。
これも本当においしい。大人の味です。
筍の上のやわらかーいところとワカメのおすましも。

新キャベツでお好み焼きも。
新玉ねぎの天婦羅も。
甘くておいしい。

わーわーわーと元気になるような春のごはん。
食べてばっかり。

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2017-04-25 09:20 | 日々 | Trackback | Comments(0)
今日はカモミール
f0239107_16581092.jpg


自分で育てたわけではなく、産直市場でカモミールの花が売っていたので
嬉しくて購入。

まずはお茶にして飲んで、
残りはお酒につけてみた。

そして残りはただいま乾燥中。
風で飛びそうーー
f0239107_16582240.jpg

カモミールの香りって大好きなのです。

先日1泊で行った長崎旅行が楽しすぎたのですが、
その話はまた今度。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2017-04-23 16:59 | 日々 | Trackback | Comments(0)
わかめを干した日
愛媛産茹でわかめ、買いすぎたので干してみました。
f0239107_19273481.jpg
f0239107_19245708.jpg

数時間でカラカラに!
先人たちの知恵・・!


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2017-04-11 19:29 | 日々 | Trackback | Comments(0)
津村記久子「浮遊霊ブラジル」
読んだ本
津村記久子「浮遊霊ブラジル」

ずっと読みたかったけど図書館で予約待ちをしていて、その間に先に読んだ「この世にたやすい仕事はない」がおもしろすぎて周りにすすめまくり、愛読者を増やしていた日々だったが、
ついに念願の「浮遊霊ブラジル」が読めました。
おもしろすぎた。

まだ津村さんの本は全部は読破しておらず、作品によって結構カラーが違うなあと思ったけど、
最新作のこれが今後津村さんが向かっていく方向ならぜひとも愛読していきたいと思う作品(短編集)だった。

全部おもしろかったけどやっぱりおもしろインパクト大は「地獄」、そして最後の表題作「浮遊霊ブラジル」は優しい余韻を持たせる、素敵な一作。
どれもどこかノスタルジックで旅をしているような身軽さがあった。

この一冊に至ってはやはり川上弘美の短編路線・・を感じずにはいられない。
ユーモアと生真面目さとクールさとファンタジーを、ベストな分量でミックスしているかんじ。

それで読み終わって思ったのは、「地獄」には物語消費しすぎの刑に処された主人公が出てくるけれども、私はそういう意味ではそこまで消費しすぎてはないと思うのだが、
この「消費」という言葉には気にかかるものもあって、
やっぱり現代人はなんでも色々消費しすぎだよなあと思う。

川上弘美の短編集「パスタマシーンの幽霊」は雑誌クウネルに一話ずつ掲載された短編をまとめたものだけど、これがもう全部おもしろいし読みやすいしで、
あまりにさくさくと読み進められてしまい、つい「おもしろい・・もっと・・!おかわりください!」と思ってしまうが、
いやいやこの一話書くのにどれだけ色々なものを削って生み出しているのか・・と立ち返って考えると、欲張ってごめんなさい〜!という気持ちになったものだった。

それをなんだかふと思い出して、「浮遊霊ブラジル」も、おもしろいし読みやすいしで、今すでに、津村さんもっと・・!おかわりください・・!みたいな気持ちになってしまってるけど、
だめだめ、そんな風に消費してはいけません。身を削って書かれたこのおもしろい小説を、大事に味わわないとなと、ぼんやり思ったりもして、
そしてそれはもちろんこれに限ったことではなく、
私たちは絶対近年、ついつい「おもしろい、さくさく終わる」ものを消費しまくる傾向にあるような気がするし、
楽しいけど、ありがたいけど、軽々しく消費しすぎるといつか地獄に落ちるよと気を引き締めたい気持ちです。

[PR]
by shizuka-irutokoro | 2017-04-06 09:02 | | Trackback | Comments(0)
おいしかったお店(大阪)

昼ということを忘れそうな落ち着いた店内。
コースでおいしかった。
一番おいしかったのは、新ものの海苔に巻かれた鯖寿司。
浅めに〆た分厚い切り身の鯖が炭で少し炙られていて、それがもう脂ののり具合もすごいし海苔もおいしいしで、感動的なおいしさでした・・

あとは白子の天ぷらに蕗の餡がかかっているのもおいしかったし、蟹の土鍋ご飯(二杯目は出汁茶漬けで)もおいしかった。
最後は抹茶とデザートで、そのデザートも塩プリン、ミルクシャーベット、豆大福ととてもおいしかったです。
そういえば途中でお酒のあてに出してもらったからすみとあん肝もおいしかったな・・・
しっぽり大人の雰囲気でおすすめです。



母の誕生日に。
このお店の何がいいかというと、出すお料理は立派な割烹でありながら、アラカルトオーケーなところ。
メニュー(しかし値段はのっていない・・)を見て好きなものが食べられる!
これは素晴らしいシステム。
うちは妹が苦手なものが多いし、コースだと食べられないものも結構あるのですごくありがたい。

食べたものは
・付き出し:タコの子(蒸して餡をかけたかまぼこ風)
・お刺身三種
・ぬた和え(鳥貝入り)
・山葵菜お浸し
・鯛とあさりの酒蒸し
・貝柱バター焼き
・おこぜ唐揚げ
・和牛あぶり焼き
・クリームチーズ味噌漬け
それぞれ〆に
・ウニ丼
・にゅうめん
・雑炊
そしてデザートに
・クレームブリュレ

よく食べました。


偶然通りかかって購入。分厚く切ってトーストしたらおいしいかった〜〜

高匠の食パンおいしい!!ってなって突如パンにとりつかれ、前から気になっていたここでも食パン購入。
こっちもおいしいかった〜〜

しばらくダイエットしててパン控えていたのでね、染みた。
実はかなりのパン好きであります。


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2017-04-04 09:36 | お店 | Trackback | Comments(0)