<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
読んだ本
川上弘美「ぼくの死体をよろしくたのむ」
江國香織「なかなか暮れない夏の夕暮れ」

好きな作家の新刊を読めるのは嬉しい。
もったいないと思っているのにすぐ読んでしまう。
どちらもおもしろかった。

川上弘美の今回の作品の中には雑誌「つるとはな」に掲載されたものもあるということで、
ちょっと大人っぽいものも多く、年齢についての話もいくつかあった。
特に精神年齢と同じ外見になるという話はとてもおもしろかった。
川上弘美の短編はいつだって最高。

江國香織の甘美で贅沢な世界はいつも変わらず。
今でも自分が、当時何か分からなかった「ディルが少し入っているの」と梨香がいいながら作ったサンドイッチに思いを馳せて
きゅうりとサワークリームのサンドイッチを作ったりしてしまうのだから、
どうかこれからも、私の知らない何か素敵なものを描いてうっとりさせてほしいと思う。

ちなみにこの時私はディルを絶対にお酒だ、と思ったのだけど、どっこいハーブでしたね。

「落下する夕方」と「なかなか暮れない夏の夕暮れ」って少し雰囲気が似ているタイトルだ。



[PR]
by shizuka-irutokoro | 2017-07-31 09:43 | | Trackback | Comments(0)
「カフェ・ソサイティ」と「アバウトタイム」
「カフェ・ソサイティ」は映画館で。
ウッディアレンって当たり外れあるなあって思うけど、これはそんなに引き込まれなかった。
途中退屈な時間が結構あった。

見終わった後は、なんともいえない切なさというか、
グレートギャッツビー読み終わった後みたいなキラキラ感はあって、
それはよかったけど、役者がなんかイマイチだった・・

そしてなにより失敗したのは、偶然にも「ララランド」と設定がむちゃくちゃ似てたってこと・・
ハリウッドで女優を目指す女性と夢を叶える男性の恋物語・・みたいな。
詳細は違うけど設定が・・

なぜこんな似た設定のものを続けて見てしまったのか・・
それもこれも近所に映画館がなくて映画を観るチャンスが少なすぎてこんなミスをしてしまったのではないか・・
と延岡のせいにしたい気持ち。
それにしても我ながら自分のララランドへの饒舌っぷりに驚く。
テンション高い・・

「アバウトタイム」
これはDVDで。前評判通り、見てよかった!って感じ。
優しいファンタジーというか、あんまり真剣に考えないゆるい気持ちで観るのがコツ。
ポイントは客観的にではなく、自分が主人公だと思い込んで観ることじゃないだろうか。

主人公になりきって見進めると、素直に前向きな気持ちになれる素敵な映画でした。


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2017-07-11 09:18 | 映画 | Trackback | Comments(0)
椎葉観光パンフレット
またちょこちょこと去年取材に行かせていただいて、
椎葉村の観光パンフレットに写真を使っていただきました。

日本語版と英語版。

表紙は私の写真なんですが、なにげないスナップ(なんとはなしに夏も秋もモミジの葉を撮っていたよう)
を、こういう風に仕上げてもらえるなんて・・・
デザイナーさんってほんとにすごい!!

そしてやっぱり紙っていいなあ・・

電子ペーパーはこちらです。

f0239107_15470671.jpg
f0239107_15472507.jpg
f0239107_15475242.jpg




[PR]
by shizuka-irutokoro | 2017-07-04 09:39 | お知らせ | Trackback | Comments(0)