「ほっ」と。キャンペーン
クリスマス2016
今年もわりと穏やかにクリスマスを迎えることができました。
クリスマスはどうしても、毎年家族でしていたパーティー、母のブッシュドノエル、ツリーの飾り付けにサンタさんと、心踊る思い出が遺伝子に組み込まれているため、体が勝手にとりあえずホームパーティーやろかってな感じになってしまうのです。

しかしツリーなど特に飾り付けなどもなく、百均で買った松ぼっくりを応急処置的に壁につける。しょぼい。
f0239107_11562666.jpg
久々にお花も買ってみた。

f0239107_11564630.jpg
クリスマスディナーは今年もふるさと納税パーティー。
というわけでメインは熊本の川南町だったかな、そこでもらったサーロインステーキ。
すんごいボリュームあって、すぐお腹いっぱいになってしまった。

テーブルコーディネートはあっさむにお任せして、前菜は鯛のカルパッチョ、スープはパプリカのポタージュ、デザートは恒例の簡単アップルパイ作りました。
満腹満腹。

f0239107_11570538.jpg
f0239107_11571420.jpg
f0239107_11572127.jpg
f0239107_11573069.jpg
f0239107_11573823.jpg

[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-12-28 11:59 | イベント | Trackback | Comments(0)
読んだ本
読んだ本

「たましいのふたりごと」川上未映子×穂村弘
おもしろかったけど、一瞬で読めすぎて私は図書館で借りたからいいけど、コスパの気になる本ではあった。
なんだかんだ一番心に残ったのは冒頭の穂村弘の川上未映子への考察。
10代の私を知っている知人が川上未映子の脳内と私の脳内が近いと言った意味がちょっとわかったような。

わかるわかる〜と思ったのは「媚び」の話。
ツイッターでその世界の先輩にフォローされて「あわわわ〜恐縮です!」とリプするやつが嫌ってやつ。めっちゃわかる。アーティストのツイッターをたまに見てその光景を目にした時、そっか・・って思う。
でも私ももしその立場ならあわわわ〜と言ってしまいそうなのでツイッターもインスタもしない。
媚びの世界は現実だけで十分。ネットの世界でまでしないといけないなんて、しかもその様子を世間にさらされるなんて、考えただけでも頭クラクラ、そんなことする余裕はない、と思う。
みんな私生活でも屋号をかかげてフリーランスな気分でがんばってるのだろうなと思う。

「初体験」の話も結構共感。


「卵町」
大好きな栗田有起の本。
パンチが少し足りなかったけど、いつもの好きな世界観だった。
ずっと読んでいたいのに、すぐ終わってしまった。


「かのこちゃんとマドレーヌ夫人 」万城目 学
人が貸してくれたのでさくっと。まあ普通。

今途中のやつが3冊。順番に読んでいこう。

[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-12-23 14:11 | | Trackback | Comments(0)
最近思ったこと
f0239107_13575944.jpg
子供の時は親戚の集まりに行くと喜ばれた。
そして今大人になって、わかるのは、もっと世代が上の人もいる中で、子供や、若い子がいるとほっとする。いてほしいと思う。
でもなぜなのだろうと不思議だった。
最近ようやくそれがわかった気がする。

大人になると、年を重ねると、これはもう抗えないこととして、圧倒的に悲しいニュースが増えるのだ。
悲しいこと、乗り越えるべき壁、立ちはだかる老化、そして思い責任、
誰も彼も均等に、思いバトンを落とさぬように、それらを引き受けて毎日過ごしている。
その中で一瞬の輝きに心踊ったり、癒されたり、そんな毎日なのだ。
それを今私はとりわけ暗い気持ちでは受け止めてはいない。That's lifeと思う。

だけどどうだろう、子供の、若者の、日々に溢れるいいニュースの多さときたら。
毎日がいいニュースで溢れている。
できるようになったことで毎日が溢れ、してみたいことで頭がいっぱいで、悩みも誰かの悩みをなぞるのではなく自分だけの初めてのもので、解決するたびに世界が広がっていく。
もちろん悲しいニュースも時にあり、辛い現実もあり、でもそれは稀なことであるが故にある種のプラスなインパクトを本人に与え、それでまた一つ成長して未来が開けたりするのだ。

大人の壁だってもちろん、それなりに乗り越えて成長して未来を切り開いていけるけど、
圧倒的な比率の差よ!
背後にキラキラしたいいニュースをしこたま背負っている若者がいると、そりゃ場も華やぐわなあ、とここに来て実感している。
まあもっと年上の人からしたら私もまだまだ若くていいニュース背負っているのは分かってはいるのですが。
場を華やがせられるほどかどうかは、うーん、どうだろう。

しかし言えることは私の世代はまだまだ良いも悪いもニュース盛りではある。
グッドニュースもバッドニュースも背負いながらがんばろう、同世代!


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-12-20 18:10 | 日々 | Trackback | Comments(0)
お店備忘録
また関西に戻り、暴食してきました。

串カツ屋さん。
知らなかったけどこの谷四周辺は串カツ激戦区だったのだね。
久々コースで食べた。おいしかった。

オイスターバーってことになるのかな。牡蠣食べまくった。
蒸し牡蠣がおいしかった。他にも生牡蠣、アヒージョ、スンデゥブ、グラタン、牡蠣フライなど。

これぞ天満!というかんじの狭くて安くておいしい飲み屋。ヒレステーキおいしかった!

二回目ですが。よかった。
おいしくてお上品な雰囲気がいい。そして器がかわいい。豪快な人とは行きたくない店。
最後の和三盆と豆乳のムース、柿のソースのせがめちゃくちゃおいしかった。
和三盆ってそのまま和菓子として食べるには口の水分持っていかれすぎて苦手だけど、お菓子にしたらこんなにおいしいのかと発見でした。

4回目。心の中でかなりファン。大阪で一番好きなフレンチ。特別な日というより、普段使いしたいお店。近所なら通うのになー
ここは炭火焼フレンチと銘打ってるだけあってお肉などの焼き方がほんとに上手。あと果物使いもうまい。
気楽フレンチではここ、おめかしフレンチではアドック、が私の中の今の所ベスト。

マジックバー初体験!!
めっちゃおもしろかった〜!マジックって・・すごいね。
楽しめました。


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-12-20 09:23 | お店 | Trackback | Comments(0)
やはり宮崎は暖かい
f0239107_12492328.jpg
毎日うーんと頭を悩ませる日々を送っていますが、
今年とても実感しているのはやっぱり宮崎は暖かいということです。
寒いの苦手なので嬉しいことです。

今朝は久しぶりにフレンチトースト。
子供の時から休みの朝はよく作ってもらってました。

もし私が〜だったらとかよく想像して言い訳するのですが、最近つくづく思うことと言えば、自分の飽きっぽさ。
ふたご座だからでしょうか。
本当にどうしてこうも飽きっぽいのか。

一時期夢中だったことが、今はどこ吹く風、なんでしたっけそれ?みたいなことが多すぎる!!
こうやって私は何も成し遂げないまま死んでいくのだろう・・とまあ大げさですがそんなことを思う冬の朝。

仕事でも趣味でもなんでもいいけど、一つのことをずっと続けられる人が羨ましい。
でもそれは今世では無理そうなので、いつもふらふら好きなことをやっては飽き、また違うことをやっては飽き、そんな風に気楽に生きたい。





[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-12-03 13:12 | 日々 | Trackback | Comments(2)
週末宮崎1泊あそび
大阪から友達がきてくれたので、宮崎で1泊して遊んだ週末。

まず夕方空港に友達を迎えに。
その後宮崎市内のホテルにチェックイン。

繁華街に向う途中で以前も行ったキママブックスへ。
ここは本当に今まで出会った古本屋の中で一番私の普段読む作家とかぶる古本屋。
今回もどーんと3冊お買い上げ。
嬉しい。

それから繁華街へ。ふらふら徘徊して、黒木笑店へ。

お刺身や手羽先唐揚げ、鯖のひらきなど美味しく食べて満腹。(若干一名全然満腹じゃない人がいたがこの時は知らなかった)
食わず嫌いに出演するなら何にするかという話。
友達のやつはかなり完璧なラインナップができていた。
ウニ丼、みたらし団子、ガパオライス、あとなんだっけ・・

その後前も行ったおしゃんなバーブエナビスタへ。
いい雰囲気。

それから〆のSOUL麺。おいしいし雰囲気が好き。おじさんもいい人。

ホテルに帰って、あーぼーは一瞬で深い深い眠りの世界へ。

私と友達は馬主になったら馬の名前を何にするかという話。
とりあえず、あーぼーの馬は「スリーピーAS」に決定。
私はかつて、10年以上前から「サンシャインシズカ」に決めていたのだが、今いざ口にすると、なんか昭和〜!?ちょっと古ない?ということで再考。
今のところ「サニーサイドシズカ」でどうかとはなっているが、引き続き考えたい。

就寝。


翌日は7時半ごろ起床。
無料の簡単な朝ごはんがついているので明るいロビーで食べる。
友達は朝ごはんが3食で一番好きなので、馬の名前には「モーニング」を入れることに決定。なんかいいね。

特に何しようと決まっていなかったのだけど、朝の青島にいってみようってことで青島へ。
いつも横目に見ていたトゥクトゥクに乗ってみた。
外国を思い出していいかんじ。

いつも時間がない中で来ることが多いので、ゆっくり見れて楽しい。
人の絵馬などを読んだり、恒例のコーミングなどしつつ島をぐるっと一周も。

そういえば、結婚式が行われていて、二人が鳥居をくぐって海の方へ歩いた瞬間、それまで曇っていたのにさーっと日が射して、二人の後ろに美しい影がのび、向う海がキラキラ光っていてなんかすごかった。

さてお次は平和台公園へ。ここは初めて。
広々としていて気持ちがいい。
目的のはにわ園は想像通りでこじんまりと、しかしたくさんのはにわがかわいらしい。
自分の顔に似たはにわを探す。
友達の万ちゃんにそっくりのはにわがあった。そっくりすぎた。

公園は結構広く、奥にいくと人工芝の坂をソリで滑れるものがあって、俄然滑りたかったのだが、なんとソリは持参のようなのだ!できなくてショック!!
しかし若干一名、できないことにホッと胸をなでおろしている者も。

さて、お腹すいたねってことで、またぶーんと青島の方へ。
かわいいハンバーガー屋さんへ行ってみたら、現在ハンバーガーはやっていないようでがっくり。
友達が急遽探してくれたすぐ近くの「鬼扇」へ。
ここがよかった!!
ウニ丼や海鮮丼や冷汁定食、チキン南蛮定食など食べたいものがありすぎて悩みに悩んだけど、海鮮丼に。
おいしい!!とろろものっていて、魚の種類も豊富!ウニものってる。
友達は冷汁定食に舌鼓。
次来た時は何かしらの南蛮を頼もうと話す。

そういえばこの日、平和台公園あたりから二人は半袖。11月上旬で半袖とは・・宮崎おそるべし!

さて最後はすぐ近くのANAクラウンホテルの温泉へ。
海一望で眺め良し〜〜!お湯もいい!これはいいね〜

休憩室でごろごろして、競馬の結果を見る。当たったら帰りのチケットを反故にして延泊するといっていた友達だが、残念ながらはずれ、肩を落として空港に向うことに。

そんなこんなであっとう間の1泊だったけど、楽しかった〜
また来てね。

f0239107_11010389.jpg

[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-11-18 08:49 | ちょっと遠出 | Trackback | Comments(0)
日々のこと。

f0239107_20230635.jpg
すっかり冷え込んできて、日も短い。
だけど冬至まであと少し。冬至がくればこっちのものです。

先日はまた仕事で椎葉。
たわわに実った柚子をたくさんもらったので今日は冬至ではないけど柚子風呂にしようと思う。

薪で火をおこしてセイロで蒸したさつまいもをたくさんもらったので、家に帰ってスイートポテトにしてみた。
裏ごしだけがほんとに大変。
でもおいしくできました。

そして昨日は初めてカレイの煮付けを作ってみたら結構おいしくてびっくり。
魚の煮付けって正解がよくわからないけど、意外とすぐできるものなのですね。

楽しいことも、悲しいことも、私のも、あの子のも、
くるっとまるめてぽーいと放り投げてしまいたいような、そんな秋、西日のぽかぽかさ。


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-11-02 09:22 | 日々 | Trackback | Comments(0)
「君の名は」
見たよ、見ましたよ。
私あんな大きいシアター久々に入りました。いつも小さいところが多いので。
しかもそれが満席。すごいね。

いやー日本のアニメーション技術すごい。
そして日本人はアニメ好きだなあ・・としみじみ。

内容は純度100%。キラキラさがすごい。
ツボにどハマり!ってわけではなかったけど、久々にこういう綺麗なもの見たな、っていう気持ちです。
疾走感もよかった。どうなるんだろ〜って最後までおもしろく見れました。


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-10-31 09:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)
10月も終わる・・・行ったお店など。
体調不良のまま更新が止まっていましたが、なんとか元気です。
やっとこう、何かやりたいなっていう意欲やアイデアが湧くようになってきました。
ずっと毎日体が重くて、家事すらできない一ヶ月でした・・。

さて先週は大阪に帰っていました。

またおいしかった新しいお店3つ。

一宝・・老舗の天婦羅やさん。個室で板前さんが揚げてくれるスタイルがすごかった。旅館のような雰囲気。

ミセスユン・・・堀江の韓国料理屋さん。めっちゃおいしかった〜サムギョプサル、チヂミ、餃子鍋、キンパなど食べに食べました。また行きたい。

まんかい・・天満橋に新しくできていたラーメンやさん。福島にもあるみたい。
なかなかどうしていいお値段。でも味めっちゃおいしかった。
トマとんとかいうトマト味のラーメンを食べたのだけど、私普段こういう系の全然好きじゃないのだけど、わ、おいしい・・!ってなりました。
店内がやたらおしゃれ。


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-10-28 09:05 | お店 | Trackback | Comments(0)
体調不良、そして別府、そしてまた体調不良。
昨年はスペインから帰る当日風邪が発症し、帰りの飛行機ではせっかくのコース料理もそっちのけで発熱しながらも寝続け、
帰国後すぐ知人の家に泊めてもらってそこでかなり手厚い介抱を受け、私の免疫細胞が完全にウイルスに勝ち、翌日見事オトダマに行くという復活劇だった。

今年は絶対に体調崩したくない、と強い意気込みで臨んだスイス旅行。
だけど正直行く前からずっと忙しくて疲れていた。

ビタミン剤を飲み、飛行機では1本も映画を見ず寝続け、旅行中もできる限り睡眠時間を確保し、ごはんももりもり食べ、帰りの飛行機では9月頭というのにカイロを貼っていた。

そしてなんとか健康なまま帰国!
勝った!!!

・・と思ったのは甘かった。
翌朝起きたら喉痛。
どこやーーーどこで侵入を許してしまったんや・・!!

しかし容赦なく仕事。
そして立て続けに予定が・・。

転がるのはたやすく、そこからはもう下降し続け、朦朧としたまま宮崎に戻ったけれど、戻ったらまたすぐ仕事・・
そうして待っていたのはあっさむの誕生日に予定していた1泊の別府旅行だった。

つらい・・つらすぎる・・

しかし泣き言は言えないと腹をくくり、あっさむの誕生日当日、仕事終わりで車を飛ばすこと2時間、別府に行きました。

よかったことは意外とばんごはんがちゃんともりもり食べれたこと。おいしかった!
ピークはすぎているので食欲はあったのだった。

旅館の温泉は素晴らしくて、夜と朝で男女入れ替え制だったのに、夜しか入る元気がなかったのが本当に悔しい。
でもまたもや朝ごはんはもりもり食べれた。これまたおいしかった!
部屋のランクを好意であげていただいたので、広いお部屋が2部屋もあってそれもよかった。


そして別府観光。
もはや甘えは一切持たず、これはもう修行、ミッションだと言い聞かせ、精神統一してベストを尽くすと心に決め、無心で観光。
何度か調子がいい時と悪い時の波はあり、せっかくの100円公衆温泉には入れなかったけど、地獄めぐり(7個中2個)や、雑貨屋で買い物などそれなりに楽しむ。

そして夕方、ふらふらとほぼ偶然にたどり着いた場所が素晴らしかった。

冨士屋Gallery一也百という明治の建物を残したショップ&カフェ。


めっちゃよかったーーー!!!
私の好きなクラシカルなアンティーク家具にキリム、素敵な庭、静謐な時間・・
癒される・・・
そしてチーズスフレケーキがおいしすぎた・・・
うーー素晴らしかった・・・

すっかり癒されて、最後は湯の花精製所へ立ち寄り、地獄蒸しプリンを買い、帰路につく。

ばんごはんは帰り道の佐伯で最近ブームの回転寿司。おいしかった。
でも祝日の夜だというのに心配になる客の入り。
佐伯は安くておいしいお寿司屋さんがいっぱいあるらしい。
でもこの気楽さが好き。つぶれないでね・・・


さてそうやって、別府は無事乗り切りましたが、まあ確実に無理したせいでまた完治できず、しばらく、というか今もまだ倦怠感を抱えて生きてます。
気づくと免疫細胞についてや腸内細菌について調べたりしてます。

活動できないので、家でカンバーバッチの「シャーロック」シリーズを見たりしてます。
今は第2シーズンの途中。
見れば見るほどどんどんカンバーバッチのことが好きになっていく。
第2シーズンの初回、「ベルグレービアの醜聞」は最高。2回も見てしまった。


65歳まで保証(加齢により多少の衰えは許容)で体力倍増の薬があったら私100万くらい全然出します。
得た体力で100万くらい余裕でバックする自信がある。
虚弱な人とこの話で盛り上がりたい。

f0239107_17091879.jpg
別府の街並み。湯けむりがあふれてます・・
f0239107_17093179.jpg
竹瓦温泉。100円で入湯できます。
f0239107_17094046.jpg
果物やさん、いちじくの空き箱で眠る猫。
f0239107_17094915.jpg
ディープな温泉街にあった壁

f0239107_17095611.jpg
雨でした。

 


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-10-07 18:13 | ちょっと遠出 | Trackback | Comments(0)