長崎阿蘭陀珈琲館
福岡二日目

フェスの翌日、お昼でも食べて帰ろうかーどこにしよーってことで
さくさくっと調べた中で気になったところへ。

ここが・・私のツボにどんぴしゃりで最高でした。

長崎阿蘭陀珈琲館。
f0239107_09512643.jpg

私の大好きなレトロ洋館ー!!
しかも眺め良し。
f0239107_09521054.jpg
f0239107_09522453.jpg

そしてメニュー豊富ー!!

洋食が中心なのですが、長崎ちゃんぽんもある。
私はハンバーグとチキンソテーとエビフライのコンボという欲張りな定食。
あっさむはカツカレー。

おいしい〜そして野菜いっぱい〜
シェフの思いやりを感じる。

そして食後に頼んだ飲み物のカップがまた・・かわいい・・・
f0239107_09524997.jpg

このお店はまさしく、中間テストで早く帰ってきた日や三者懇談などの帰りに親にお昼食べさせてもらう的な店。(私はサンマルクでした。)
子供がいたらぜひこのお店をそういう特別なときに連れてきてあげたい。
日常使いはノン!

「私この近所に住む!」とさっそく賃貸物件など調べたのだが、どうやら高級住宅地のようでした。

いやーよかったな〜〜
珈琲についてきた生チョコもおいしかったので今度はケーキを食べたい。


大満足でお店をあとにし、その後はあっさむ主導でおしゃれな雑貨屋などをまわる。
もう雑貨屋に興味がないと思っているのだけど、連れて行かれると結局案外楽しんでしまう。
いくつか素敵な買い物をして、ほくほく気分で帰った。


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-05-19 09:53 | お店 | Trackback | Comments(0)
「ラオスに何があるというのですか」「夢十夜」
村上春樹「ラオスに何があるというのですか」

読みやすすぎてさらさらと読んでしまったけど、思うところはたくさんあった。
まず、ああやっていつでもどこでも暮らせる、お金もある、という生活を実現させた村上さんのすごさ。
もちろん楽して、なんて思ってないしさぞや大変だったろうと思うけど、
でもそれを実現できるというのはすごく能力だと思った。

ラオス、私も托鉢見たから懐かしかった。
それからアイスランドの手強さよ・・興味あったけど、気軽には行けなさそう。

どれも描写が淡々としつつも美しく、内省することの大切さを思い出させてくれた。
おもしろかった。

あー旅にでたい。



夏目漱石「夢十夜」

母が新聞の切り抜きを置いていてくれたので、それで読んだ。
おもしろかった。

夢って不思議。

先日こんな夢を見た。
私は真っ白なマンションに住んでいて、本当の恋人は私の上の階に住んでいる。
しかし私は今別の男の子と住んでいて、それは中学の同級生だった。
当時もほとんど話したことのない、何の記憶もない男の子で、
夢の中の彼の目はきれいだった。
それにしても一体なぜ彼が出てきたのか謎だ。

夢っておもしろい。

夢関連でいえば川上弘美の「椰子椰子」という本がとても好き。
あと、むかーーーーし読んだ吉本ばななの「夢について」も好きだった。
きれいなハードカバーの本でした。



[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-05-19 09:04 | | Trackback | Comments(0)
CIRCLE ’16@海の中道海浜公園
福岡まで遠征しました。車でひたすら高速ぶっとばして3時間ちょい。
なにしろ見たい人がいっぱいいたので。
ラインナップはこちら

前日くらいまで扁桃炎でダウンしていてたのですが、シュールな耳鼻咽喉科に行って薬をもらったら急に凄まじい回復を見せ、なんとかギリギリ間に合いました。

朝5時に出発!8時すぎ到着!
福岡市の港から海の中道海浜公園まで15分ほど船で渡るのだけど、それがなんとも旅情感があってよかった。

会場は広くて人も多くなくてすり鉢状で見やすいし、芝生も空も青くて気持ちがよい。
は〜来てよかった。。

さて始まりました。

トップバッターceroは遠くから腹ごしらえをしながら聴く。
いいと言わないといけないような威圧感を感じるcero、と思っていたのだけど、後で思えば、なかなか最初にふさわしく盛り上げようと熱を込めてやってくれていたように思う。うん、よかったかも。

次はsuchmos
結構前にめっちゃかっこいい!!って思って注目し、でも去年オトダマでライブを見たら、うーーん、下手かも・・ってがっかりして、
この度成長を見る気持ちで拝見。
ボーカル、確実にうまくなってた。そして相変わらずかっこいい。
演奏陣、がんばろう!まだ若いしね。
使い捨てられないように実力をつけるのだ!

お次はスペアザ
うーん、すごく楽しみにしていたのだけど、ちょっと気乗りしていないように思えた。
uncle johnというみんな大好きな名曲があるのだけど、ややダレたその演奏に、やりすぎて飽きてるんかな・・と見ながら思ってしまった。
最後少しだけ盛り返して終わった。
ワンマンとの差を感じた。いい時はすっごくいいのだけど。

休憩してからのクラムボン
これ、本当に私がクラムボンのファンだからではなく、素晴らしいライブでした。
なんというパフォーマンス力!
フェスに甘んじない本気のライブ。
いつも聴いてるあの曲も、全然飽きているようには見えず、常に研磨されているようなキラキラ感。
そこは戦場だった。

休む間もなくトクマルシューゴ
こちらも誠実なライブ。
トクマルシューゴの職人っぽさが好き。さかなくんと似ている。見た目も雰囲気も。

そしてUA
疲れすぎてシートに座って見た。
めっちゃ歌うまーーーー
なんかすごくかっこよかった。
UA、これからもずっと歌い続けるんだろうなという、歌とUAが一体化してくっついてしまっているような、
そんな感じがしました。

好きなアーティストがここまで多いフェスもありがたいけど考えものだなというくらい、詰めて聴いたので、
疲れてグッドライクヘイワ見に行けず。聴きたかったんだけど。

最後にジム・オルークを聞きながらゆるっと夕暮れの風を感じ、一足お先においとま。

また船でぶーんと福岡市内へ。

車中泊しようって言ってたのだけど、私の体調もあれだしってことで結局ホテル泊。
徒歩で繁華街へ行きラーメンを食べる。
帰ってばたんきゅー




[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-05-18 09:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
4月後半〜GW 大阪滞在、からの体調不良なうも。
ご無沙汰しています。

大阪に半月ほど帰省し、延岡に戻ってまいりました。
その間また大きな地震もあり、本当に心が痛いです。

ざっとしていたことなど備忘録。

4/16(土) 友達の結婚式。クラシカルでかわいい式場に、上品でキュートな友達の式はぴったりでした。おめでとう!
4/17(日) 美容院の後、Kと万とごはん。ピザ屋「ル バルカッチャ」。

平日は仕事。

4/20(月)夜は友達と会合
4/19(火)たしか梅田で散財。えらい高いもんこーてもーた。
4/20(水) 大学時代の友人と京橋で串カツ「らくだ」。楽しかった。
4/22(金) 元同僚と最近ハマっている「魚や市」。おいしかった。

4/23(土) 友達と芝生でのんびり。夜はビリヤードとインド映画。「ラームが村にやってくる」。
いわゆる直輸入された通常のインド映画ってこんなに内容ないものだったっけ・・と思った長い2時間半。歌と踊りは楽しいんだけどね。

4/24(日) 母の誕生日で先月行った「Ad hoc」へ再訪。おいしかった。夜はバディ(ダイビングのアレです)と喫茶店はしごしてお茶。長時間語らう。

4/25(月)一人で大好きな蔵。途中居候させてもらっている万が合流。
4/26(火)夜、同僚女子3人で中華。おいしく食べ飲み。
4/27 (水)大好きな同期とランチ。めでたい話を聞く。
4/28(木)友達とごはん。魚や市のはなれに行ってみた。おいしいのだけど、店員がいけすかなかった。南森町の方が好き。
4/29(金)ミネラルショーをのぞき、一つだけ鉱物を買った。夜はM嬢と「たま」でごはん。お茶して歩いて帰って、M嬢の家に泊めてもらった。
4/30(土)高校と大学が同じかわいい友達2人とお茶。1人は妊娠中。出産がんばってね!夜は実家へ。いもっちとキッシュを焼く。

5/1(日)コトリーズでピクニック!めっちゃ楽しかった〜天気も抜群。そしてロケーション最高〜〜
ハイライトはコルク抜きなしでワインのコルクを抜いたこと。靴の中にワインを入れ、硬い壁にたたきつけると・・・なんとコルク抜けるんです!!感動。。
ハンモックもあるし、ガーランドもあるし、シートはふかふかだし、テーブルあるしで完璧でした。
来年はキャンプしたい!

夜はあっさむとKと蔵でおいしく食べ飲みする。

5/2(月)仕事。友達とごはん。
5/3(火)友達とタコパの後、あっさむ実家へ。おいしいばんごはんをごちそうになる。
5/4(水)急遽決まった吉野散策。
これまた天気もよく、 金峰山寺で秘仏も見れて楽しかった。
夜はjimmys子なし組で農家厨房。小籠包おいしかった。

5/5(木)朝からバタバタと半月分の荷造り。
昼過ぎ天王寺集合でインドカレーを食べて関空へ。
無事飛行機が飛び立ち、宮崎について目が覚めた瞬間、猛烈に喉が痛かった。
やばい・・と思いながら延岡へ。
延岡に着いて、ぱっと食べようといつだっておいしいモスへ。
しかしこれはまずいかんじ・・・

いそいそと食べて家に帰る頃には、これって熱今からあがりますよね的な体調。
節々が痛い。頭痛い。・・といっている間にやはり熱はあがってきました。
苦しい夜。

5/6(金)起きたら熱は下がっていたけど、まだしんどい。
でもおうちで仕事です。
机に突っ伏しながらもなんとか終える。
そこから、5/7,8と土日は寝ていた記憶しかない。

あ、病院に行ったついでに一瞬スーパーに行き、どうしても食べたくて、日曜の夜は豆しらすごはんを土鍋で炊いた。
それがえらいおいしくできた。

そしてまた床に伏す・・

間違いなく咽頭炎だと思っていたこの病気は、今もまだ猛威をふるっているのですが、どうやらプール熱(アデノウイルス)ではないかと思われる。
なぜなら昨日急に片目が充血して結膜炎になったから。

と思っていたけど、今日早退して耳鼻咽喉科に行くと、アデノウイルスではなさそうとのお返事。
なんだか信頼できそうだった。
しっくりくる薬をもらえた。

しかし依然声も出ないし、喉が痛い・・片目充血・・微熱・・・
なんだか満身創痍で辛いです・・

早く治ってほしい・・・


それにしても、体調もそうだけど、驚くのが心の調子。
びっくりするほど心が暗いときもあれば、爽快に晴れ晴れとした日があるのはなぜ・・
ホルモンバランスか・・?

そういったあれこれをもうちょっと日記として日々綴っていきたいなあと思ったりしています。


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-05-12 18:10 | 日々 | Trackback | Comments(0)
明日から関西帰省です。
熊本で大きな地震があって、延岡もそれなりに揺れましたが、こちらは無事です!
連絡くれたみなさま、ありがとうございます!

でも宮崎内陸部や熊本周辺を中心に、今も余震が続いていて心配。
どうかもう大きい揺れはなく、被害が少なくありますように。

私は本日より5/5まで関西帰省です。


[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-04-15 09:30 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
ゴーストワールド
f0239107_20085591.jpg
好きすぎた。

というか、なぜこれを今まで知らなかったのか・・
こんな素敵な映画がこの世に存在していたなんて・・!
見てなかったことを後悔・・私としたことが!!!

でも公開が2001年だから、15年前・・
つまり私は17歳で、現役バリバリで奈良でイーニド(主人公)してたから、その時見てたらどう思ったのか・・
ちょっと予想できず。落ち込んでそうでなんだか怖い・・だからやっぱり今でよかったのかも。

とりあえずその当時も映画は好きで見に行ってたけど、行くとすればワーナーマイカルとかで、単館映画にまでは足を伸ばせてなかった(知らなかった)から、きっとこの映画には出会えなかったのでしょう。

それはそうと・・
怖いタイトルだけど、ホラーではありません。
きゅんきゅんヒリヒリの青春映画です。

ストーリーは横に置いておいても、ファッションがかわいすぎる!
今見ても本当におしゃれ!
真のおしゃれは時代は関係ないのだなと映画を見てるとよく思う。
全部好きだったけど、一番好きだったのはセーラーかな・・あれ欲しい。

さてさて、中身については深くは言及しないけど、
見終わってから恒例のレビュー漁りをしていたら、「全くおもしろくなかった」「理解できない」みたいな人がいて、
そうかーーそういう人もいるんだな、そりゃいるか・・と納得と同時に、そのどなたかのことが羨ましくも感じた。
これをつまらないって思える人生って・・楽そう・・
いやまあその人にはまた別のご苦労があるのでしょうが・・ある側面では圧倒的に楽そうだ。

また、「これは一般人には受けない、これを好きな人はマイノリティだ」って書いている人もいて、
その比率の真偽は分からないけど(だってyahoo映画でも結構評価高かったし、好きな人の方がマジョリティなのでは?とも思ったり)、
いずれにしてもかなりお好みが分かれる映画であることは間違いなさそう。

私は完全にツボでした。

ラストはちょっと意味深で、バッドエンドなのかどうなのか、という話もあるようだけど、
私は、切なくはあったけど、バッドエンドとは到底思えなかった。
かっこいい終わり方だと思いました。




[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-04-14 20:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)
映画3本「カイロの紫のバラ」「バルフィ!」「ヘルプ」
全部DVDで見ました。

まず「カイロの紫のバラ」

完璧でした。文句無しの名作。

映画を愛する人なら、この世界に酔える人なら、
そしてロマンチックで、シニカルと見せて実は誠実なこの映画のスタンスに共感できる人なら、
大切な1本になること間違いなしでしょう。
というか映画好きはきっとみんな見てるね・・遅かった・・

見終わった今となってはこのタイトルも、なんともいえずいいなあとしみじみ・・

映画館で観たかった〜〜


続いて「バルフィ!」

インド映画ということでもっと華々しいものを想像していたので、
少し肩すかし感あり。

こういう話にするなら、普通の映画みたいに2時間でまとめてほしいなあというのが正直な感想。
この空気感で150分はちょっと長い。

「人生に唄えば」というサブタイトルがついているところを見ると、やっぱり「雨に唄えば」をかなり意識しているはずで、
それはつまりキートン映画=耳も聞こえず言葉も話せないバルフィ、と重ねているのだと思うけど、
ならば逆にもっと洒落を聞かせてダンスとか入れてくれてもよかったような気がするなー

とはいえ読み取り方でこちらの気持ちも随分変わる、なかなか奥深い映画。
試されているようでもある。
映画館で集中して見たらまた違ったかも。


最後に「ヘルプ」

これめちゃくちゃ評価が高くて期待したのだけど、
たしかに普通におもしろかった。
人種差別問題をテーマにした映画。

実話が原作ということで、テーマと内容に関しては文句なし。
テーマは重いけど、暗い雰囲気じゃないのもよかった。

でもだからこそ、もう少し細かいところを詰めてもよかったのでは?と思うところがいくつか。
ぐっときそう・・なのにあと一声詰めが甘いような・・
一場面ごとにはすごくいい場面があるのに、つなぎ合わされた印象。
うーむ、惜しいな〜〜

とりあえずエマ・ストーンの顔が土屋アンナに似ているなあ・・と見ている間ずっと思っていた。

すごく好きだったところが一つあって、
それは学校で男子にブスと苛められていた主人公に、母親同然のメイドさんがするアドバイス。
「毎朝目が覚めたらこう唱えるのです。『私は今日、あの馬鹿どもの悪口を信じるのか?』と。」

自分にまっすぐに問いかけたら、いやそんなくだらないこと気にしなくていいやって思えること、結構ありますよね。

この場面が本当に素敵だったからこそ、このメイドさんとのその後の流れはちょっと納得いかないところがあったな・・・


ツタヤで100円で借りてiphoneに入れて、空いた時間に見るっていうのをしているのでジャカジャカDVD見れている今日この頃です。



[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-04-12 21:40 | 映画 | Trackback | Comments(0)
延岡にて春の日々のこと。
やっと春ですね。

桜の季節はちょっぴりホームシック。
なぜなら大阪の家からはいつもずーっと続く川沿いの満開の桜が見えて、ほんとうにきれいだった。
しかしながら延岡はなぜか桜の本数はすごく少なく(私調べ)
桜を目にする機会がぐっと減ったような・・

川沿いといえば桜なのでは・・延岡に桜を・・!

このままでは見ずに終わってしまう!と焦って先日はおにぎり握って城跡に夜桜を見に行きました。
そこそこちゃんと咲いててちょっと安心・・・

しかしなんだかまだ物足りないので、3年前の桜の写真を。

f0239107_18113097.jpg
きれいだーーー



さて、脈絡なく延岡の日々を。

先日は延岡随一のイタリアンと言われるCERCA TROVAへ。

おいしかったです。垢抜けつつも、宮崎の素材を感じられました。
野菜の火の通し方がお上手。
自家製パスタが一番おいしかった。


また違う日、延岡から少し北上するともうそこは大分なのですが、
大分に入ってすぐの蒲江(以前も一度行った)へ行きました。

今回は道の駅併設の海鳴り亭でランチ。
私は漁師飯の「あつめし」というものを。
これはブリを漬けにした丼なのだけど、出汁がついてきて、途中で出汁茶漬けにもできるというもの。
おいしいーーーおいしいよう。
ランチにさっと海鮮丼が食べられる幸せ。これは文句無しに延岡にきてよかったこと。

それからフラフラと看板に吸い寄せられるように大分マリンセンターへ。

ここがかなり楽しかった。
大分県はもっとこの施設をアピールしても良い。
海洋科学館で瞬く間に時がすぎてゆく・・
そしてハイライトはマンボウ!!

なんと漁にかかったマンボウを併設しているプール(夏は人用)で飼育していて、近くで見れるというから驚きです。
なんというか、海の近くならでは。
誰も大きく無理をしていない形で(夏がきたら海に放すそう)、マンボウを観察できる。
かくいう私も大興奮。

思えば今はその熱がだいぶ冷めているけれども、小学生のときは将来海洋学を研究したいと思っていたほど海の生物が好きだった。
その気持ちをじんわり思い出させてくれる素敵な施設でした。

また帰りは近くの「海べの市」でお買い物。
きびなごがたっぷり入って180円!大粒の殻付き牡蠣180円。
アスパラ一束130円などなど購入。

帰ってきびなごは、1匹だけ適当に開いてお刺身、それから南蛮漬け、天ぷら、焼いておろしポン酢のせ、といろいろ試して食べました。
個人的にはサッと焼いておろしポン酢ってのがかなりおいしかった!
お腹まで食べられるきびなご、調理も簡単だしこんな素晴らしいものだったとは!!

牡蠣も生クリームかけて焼いておいしくいただきました。

蒲江、ちょくちょく行くことになりそう。



[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-04-06 18:14 | 日々 | Trackback | Comments(0)
大阪お店備忘録
フレンチ・・・っていろいろ思うところはあれど
やっぱり思うのは日本人向きではない・・ということ。
量も多いし・・!
それでもやっぱり日本人がフレンチが好きなのはスペシャル感があるからではないのかな。
というわけで、今までで最も満足度の高いフレンチのお店に出会えてしまいました。
全てが素晴らしかった!!

好みだと思うけど、店内のインテリアがドンピシャすぎた・・
おっしゃれーーーかつ、あたたかみのある木や石などがメインの装飾。
ランチだったからもあるけど、店内も明るくて、店員さんも雰囲気がよい。
そしてオープンな厨房。
お料理も野菜を中心としてて美しく、しかしやりすぎてもなくて、メインのお肉なんかはシンプルに素材の美味しさが感じられて、
もう本当に文句無し!

fujiya1985以来の驚きだったけど、今回の方が好みかも。
なんていうか、明るい。
あーよかったーーまた行きたい〜〜〜


魚や市
こちらは居酒屋さん。
おいしかったーーー!!
ホタルイカとわかめの出汁しゃぶ、甘エビのうに和え、干し柿バター、牡蠣グラタン、などなど・・
どれもシンプルで余計なことはしてないけど、おいしい組み合わせをちゃんと考えて、おいしいものを作ってる!って感じで、そういうお料理大好きだーー

それからいきつけの蔵もやっぱりおいしくて嬉しかった。



[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-03-31 18:17 | お店 | Trackback | Comments(0)
ONLY ONE Shiiba 本のこと。
f0239107_13020522.jpg
宮崎県東臼杵郡椎葉村。
日本三大秘境とも言われる宮崎県の山奥の
この村についての本を作るお手伝いを、取材カメラマンとしてさせてもらいました。

去年の7月から取材を開始して・・
ついに完成!!
f0239107_13021531.jpg
f0239107_13022291.jpg
いっぱい写真使ってもらっていてとっても嬉しい。

詳しくはこちら

電子ブックはこちら


でもやっぱり紙で触る手触りは暖かくて、webとは一味も二味も違うので、
お知り合いの方々にはまたお会いしたときに実物お渡ししますね。

紙媒体に自分の写真を掲載したい、というのがもし写真を仕事にできるなら、それが私の一番の希望で、
それはやっぱり本が好きだから。紙が好きだから。

あともう一つはやっぱり新しい場所、未知の出会いを撮影したい。
その希望が二つも叶い、しかもこんなにがっつり叶うとは嬉しいことです。

なぜこの仕事をできることになったのか、
そしてこれをデザインされている素敵なデザイン会社オノコボデザインについて、
そしてそして実際の取材の日々についてはもう語り尽くせないほどいろいろあって・・

詳しく書きたいのですが、本日多忙により、それはまた別の機会に!

今週末から1週間ほど大阪です〜



[PR]
# by shizuka-irutokoro | 2016-03-18 09:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)