忘れないうちにこの気持ちを
セルチュクのパリスホテルというホテルに5泊して、一作日サモス島にいき、また今日セルチュクのパリスホテルに戻ってきました。

このパリスホテルには従業員が3人いて、2人はくせ者なのですが、1人だけいつも親切な彼がいました。

その彼がサモスにいくならお金わたすからTシャツ買ってきてほしいというので、やや重荷に感じつつもなんとか選んで買ってきました。

(ちなみに目の前の旅行会社のボスには免税店でタバコを買ってくるよう頼まれました。)

そして今日パリスホテルに戻り、部屋に荷物を置いて、Tシャツを渡しにレセプションへいくと、ちょっとと彼に呼ばれ、行くとばんごはんの用意が!

作ってくれたのは彼の親友でちょくちょくホテルに来ているも、私たちにはあいさつ以上はからんでこない、慎ましやかな男性。

料理は素揚げしたジャガイモ(ほくほく)にトマトソースと、ししとうのソテーがのっている、トルコの郷土料理。

それがめちゃくちゃおいしくて、というかTシャツの彼の心遣いに大感動でした。

トルコでは、親切かと思えば、ビジネスかラブ目的で、かなりピリピリした気持ちで日々すごしてましたが、ほんとに人としての優しさを感じて、すごくうれしかったです。

まあ旅では道を教えてもらったり、何気ない親切はわりとしてもらえて、それはそれですごくありがたいことです。

でも個人を認め合っての、通りすがり的ではない親切、というか優しさに触れる機会は多いようで少ない。なぜならそれができる関係になるにはそれなりの時間がいるからだと思う。

優しくできるチャンスのある日本のみなさまに、もっと優しくしないとなあ。。と、これまでの人生で何十回と思ったであろう反省を今またしたところです。
[PR]
by shizuka-irutokoro | 2010-06-16 04:21 | 海外 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://irutokoro.exblog.jp/tb/13980811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-06-16 23:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SHIZUKA-IRUTOKORO at 2010-06-17 01:20
そうそう 笑
けどやっといいかんじになってきた!
と思ったらもうすぐ帰国やけど。。
ガラタ塔まだやけど絶対のぼるわ!そしてサバサンド!


<< 次はブルサです。 ただいまサモス島 >>