人気ブログランキング |
冬の休日
f0239107_16171020.jpg
                         クリスマスツリーみたい  


空気は冷たいけれど、雲ひとつない快晴の、
冬の休日。

難しいことも、ややこしいことも、めんどくさいことも、
なーんにも考えず、
ただただ楽しい仲間と楽しく写真を撮る休日。

きゃっきゃ騒いでいるうちにすぐ日は暮れました。

寒すぎてスクワットしたせいで今日は太ももが痛いです。
でもスクワットはすごく体が温まるので寒い時はお勧めです。


f0239107_16173121.jpg

冷たそうな水

f0239107_16181363.jpg

このまま寝ている

f0239107_16195331.jpg

眩しい

f0239107_16205458.jpg

かわいい

f0239107_16213184.jpg



f0239107_16215980.jpg

一番好き

f0239107_18585487.jpg

一番かわいい

f0239107_1629304.jpg

ぷっくりお腹

f0239107_16222813.jpg

ケーブルカー

f0239107_16231290.jpg

月がでている

f0239107_16235174.jpg

天上寺からの夕日

f0239107_1624461.jpg

寒いけどきれい

f0239107_16253812.jpg

摩耶山の夜景を見る




ところで、ロープーウェイから夜景を見ている時、流れていた放送で「1000万ドルの夜景とも・・・」というよく聞く説明を耳にし、ふと、ていうか夜景をドルで例えるってどういうこと・・・?と疑問に思いました。
それくらいの価値ってこと?きれさをお金で例えているってこと・・・?美しさってプライスレスじゃないの・・・?世の中結局お金ってこと・・・?
などと疑問が頭の中をぐるぐると。


それで今調べてみました。すると答えがありました。ネットってすごいね。
引用の引用なんですが、
「神戸の100万ドルの夜景は、1953年(昭和28年)に当時の電力会社の副社長が命名したと言われている。
六甲山から見渡す神戸・芦屋・尼崎・大阪の電灯にかかる1ヶ月の電気代が約4億2900万円、当時のレート1ドル360円で換算すると約120万ドルとなり、キリのいいところで100万ドルというわけ。ちなみに、現在の神戸の夜景は「1000万ドルの夜景」とも呼ばれているとの事。」だそうです。

なるほど、そういう意味かー。

でも、1ヶ月ってところに疑問を感じる・・・1晩であるべきでは・・・
by shizuka-irutokoro | 2010-12-20 16:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://irutokoro.exblog.jp/tb/15190262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 二日連続で泣く マルシェ・ド・ノエル >>