最近読んだ本
「旅する力」沢木耕太郎
とてもおもしろかった
この世代の人はなんと力強く生きていたのだろうかと、自分が情けなくなるほど。
アジアは待っていても何かが向こうから来るが、ヨーロッパは待っていても何も来ない、というのはたしか角田光代も言っていたな〜と思った。

「子どもの本を読む」河合隼雄
こちらもとてもわかりやすく、いいことが書いてあっておもしろかった。

「私の中の彼女」角田光代
おもしろかった。


あと、ちょこちょこと室生犀星の詩集を眺めていて、
これが好きだった。


象とパラソル

象の耳はよたりよたりと、
消炭色で、日があたり。
きみはその前で写真を撮つた。
パラソルを手に携ち、顔をかしげ、
につと嫣笑《わら》つて 気取つて、
きみは象を背景にして撮影した。

きみは象が巨きいと言つて驚いた。
きみのはだかほど大きいものがないのに。
絵本、ボロの古洋服、
古新聞の活字の間を、
象はのそりのそりと歩いてゐた。
生きてゐる証拠には 見なさい、
うまのくそのようなくそが一盛りあつた。
象はくそは踏まずに避けて歩いてゐた。
うまいもんだ。
きみはまた象の前で写真を撮つた。


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-04-21 09:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://irutokoro.exblog.jp/tb/23924517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ここ一ヶ月ほど。そしてお知らせ。 言葉の話 >>