ヴォルフガング・ティルマンス個展「Your Body is Yours」
大阪にて行ってきました。

ヴォルフガング・ティルマンス個展
「Your Body is Yours」

ドイツの写真家の展示です。

まあはっきり言って難しかった。
抽象的なイメージ。
私が普段いる世界から遠い空気感。
うーむ・・これは・・分からん・・!!

と思いながらもずるずると進んでいくと、
なんとなーく感じてくるものもあった。

一言で言うならざわざわ感。
この世界はざわざわで満ちていて、耳を澄ませばうるさいくらいにざわざわしてる。
閉じるも自由、すますも自由。
でもその空気みたいなのはたしかに存在してて、

それが写っているなあ・・と。

私が前知識なしで感じれたのはこれくらいかな。

一緒にやっていた「他人の時間」展もまた、社会派で結構難しくて!
いや、歩きながら眉間にシワいったよね・・

ジョナサン・ジョーンズ《光落ちるウォール・ウィーヴ》という展示は良かったです。










[PR]
by shizuka-irutokoro | 2015-09-15 21:59 | 展示会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://irutokoro.exblog.jp/tb/24472846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 海街diary 帰ってきました〜 >>