GW 国東、門司港、うきは 1泊旅行
九州にいるといくらでもおでかけしたいところがあるので困っちゃいます。
GW旅行は、大分の国東半島、北九州門司港、下関に一瞬渡り、
福岡うきはに寄って帰ってくるというプランでした。
f0239107_11100626.jpg

1日目

8時半ごろ出発。
体力温存でほぼ寝ていた。11時前に国東到着。

お土産やさんが充実していて、乾燥わかめやひじき、かわいいドレッシングなど購入。
行きたかったお寿司屋さん(海六呼)が昼営業は休みで涙を飲む。
ご飯屋さんを探しつつ散歩。
f0239107_11091087.jpg
f0239107_11091065.jpg
地元に愛される定食屋ってかんじの「元屋」でランチ。
私は数ヶ月前からずっと食べたかった天丼を。
メニュー豊富でいいお店でした!もちろん海鮮丼もあります。
f0239107_11091047.jpg

お腹も満たされ、散策とお寺。
天気が良くて気持ちがいい。
奈良のお寺に思いを馳せる。
f0239107_11091196.jpg
f0239107_11091176.jpg
その後喫茶ことりに行くも、忙しそうなので目の前の海で少し遊び、移動。
f0239107_11091169.jpg
途中うつらうつらしながら、窓の外に大量の人を見た。
どうやらマテ貝狩り。初めて見た。
やってみたかったけど、時間がないので諦める。
今日マテ貝ゲットしてしまっても困るし。

木もれ日゛というカフェへ。
音楽もかかっていなくて、木々が風にゆれる音を聞きながらしんみりとお茶。
すごくよかった。
生チョコケーキもおいしかったし、外の明るさと店内の暗さのコントラストも良かった。
木漏れ日っていう名前もいいですね。

さて、そこからぶーんと高速で門司港へ。
門司港についたのは18時くらいかな。
門司に着いたら急に天気が悪くて、建物どれもが濡れそぼって廃墟のように見え、
泊まるホテルの外観もボロくてびっくりしたけど、中はきれいだった。

夜ご飯を食べに外へ繰り出す。
しっぽりとした飲屋街を歩き、ふと目に止まった「かざぐるま」
ここが当たりでした。
めちゃくちゃおいしかった!!

岩牡蠣、マナガツオの唐揚げ、黒豚Tボーン、はまぐり酒蒸し(食べ終わったら麺を入れてくれる)、そして〆にウニご飯。

奥さんも明るく優しくてこれはかなりの名店でした。
また行きたい。
みなさんも門司港に行くことがあればぜひ。

お店を出て、港の方へ散歩したけど、寒すぎて引き返す。
喫茶リバーでホットココア。

ホテルに戻り就寝。

2日目

がんばって早起きして、7:50発の船で下関へ渡る。
f0239107_11091182.jpg


唐戸市場は既に大にぎわい。
目的のウニ丼、ふぐの唐揚げ、ふぐのお味噌汁、トロ握り購入。

並ばずに買えたのはよかったけど、食べる場所がなく、外で海を見ながら食べる。
これ雨だったら大変だな・・
f0239107_11091225.jpg
f0239107_11091271.jpg


幸い天気も良く気持ちがいい。
おいしかった。贅沢あさごはん。

お茶飲もうってことでIZAKAYAという喫茶店へ。
f0239107_11100537.jpg
ホットミルクを飲んで人心地ついた。
少しぶらぶらしてまた船でびゅーんと門司港へ戻る。

そこから門司港散策。
f0239107_11100505.jpg
f0239107_11100584.jpg
新開運ビルのmunaで爆買い。

ふらふら歩いているうちに、門司港一押しの焼きカレーでも食べてみるかってことになり、
ミニ焼きカレーを食べることに。
うん、まあそうやね、っていう味。

さていよいよ門司港とお別れです。
抹茶クリーム大福をお土産に購入し、門司港を後に。

まずは田舎の中にぽつりと立つ「うつしき」というお店。
いいお店でした。
f0239107_11100684.jpg

それからうきはへ。
うきはに到着したのは17時前で、あまり時間もなかったけど夕方のうきははとてもきれい。
ぶどうのたねなどいくつかお店を回って楽しかった。

うきははとてもいいところ。
今度ぶどう狩りに来たいな。

うきはを後にし、恒例の佐伯で回転寿し。
ついでに温泉も入って帰宅。

楽しかった。


[PR]
by shizuka-irutokoro | 2018-05-23 09:07 | ちょっと遠出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://irutokoro.exblog.jp/tb/29805810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 5月後半 5月前半 >>